RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
19
ポテトチップ御殿

ヤンゴンで買えたらいいのに!と思うほど美味しいチャウパダウン産のポテトチップ。
今日は、ポテトチップ工場のご紹介です。

マンダレー地域とマグウェ地域との境に位置するチャウパダウン郡(マンダレー地域)は交通の要衝。

チャウパダウンヤンゴンから北上してマグウェ通過した場所にありますし、
チャウパダウンから東へ抜けたらシャン州タウンジーへも抜けられます。

だからでしょう。昔からチャウパダウンには、大型トラックを何台も所有して運輸業で設けている大金持ちも多いです。
また、チャウパダウンの特産品のひとつがピーナッツなので、高級なピーナッツ油があります。

出会うべくして出会ってうまれたのがポテトチップだったのでしょう。
じゃがいもはシャン州から新鮮なものが入手できて、揚げる油は地元の純ピーナッツ油。
(高級品なので他の油と混ぜているところもあるらしい・・・)

チャウパダウンの街を通ると道端の店にはポテトチップの袋詰めが所狭しと並んでいます。
ということで、このポテトチップ商売が繁盛して立派な家が何軒かあって、私はポテトチップ御殿と呼んでいます。

チャウパダウンで一番有名なポテトチップ御殿は、ここ、メイイーチョー。

創業者のお父さんはお店の名前に愛娘の名前をつけました。
その娘さんも最近結婚されて若旦那も家族経営のポテトチップ販売ビジネスのお手伝いをしていました。

工場全体
工場全体

ポテトチップ工場の中は、広い敷地。でもオープンエアーです。

皮むき、味付け、揚げる、油切り、袋詰めコーナーにわかれています。
工員は全員女性。男性混じらせると問題がおきるからねぇと社長。

皮むき
皮むき

味付け
味付け

揚げる
揚げる

袋詰め
袋詰め

入り口には、味見できるコーナーもあります。
購入しなくても、好きなだけ味見させてくれてお茶までだしてくるなんて太っ腹です。

ここで買うと1袋1,000チャット(80円)のポテトチップですが、外の店で買うと1,100チャット(88円)。
やっぱり揚げたての新鮮なのが美味しいので工場で買うのがおすすめです。

おすすめチップス
おすすめチップス


最近は、シンプルなポテトチップ以外にもサツマイモチップスやツイストチップスなど新発売されていますが、
私はオーソドックスなポテトチップ厚切/薄切りタイプが好きです。

ミャンマーならではのお味は、唐辛子やピーナッツ入りの辛いポテトチップスでご飯と一緒に食べると最高に美味しいです。

地元では有名なので、地元の人にメイイーチョーに行きたいといったら連れて行ってもらえますよ。(A)
スポンサーサイト
2017.08
23
Category : 中央乾燥地域
こんにちは、ヤンゴン事務所の塩野目です。

8月19日、ヤンゴン市内のホテルにて、
BAJマグウェ事務所の現地化に際し祝賀イベントを開催しました。

BAJは中央乾燥地域にて水供給事業を17年にわたって実施、そしてついに自立、現地化する運びとなりました。

当日はBAJの6つの事務所から計27名のスタッフと
外部から10名のゲストをお迎えしての盛大なパーティとなりました。

P_20170819_180622.jpg

マグウェ事務所はフィールドコーディネーターとして現場を率いてきたスタッフを代表に
今年7月National Water Service Group (NWSG)という組織を立ち上げ
新たにソーシャルビジネスとして水供給事業を継続していきます。

P_20170819_181746.jpg
元マグウェ事務所のスタッフたち

BAJの中央乾燥地域での活動開始は1999年まで遡ります。
ニャウンウー、チャウパドン、マグウェとその拠点を移しながら、村落での給水事業を実施してきました。

17年間の実績は、新規井戸掘削126本、井戸修繕465本で、裨益人口は30万人を上回ります。

Picture4.png

施設の建設だけでなく、村の水管理員会の運営研修や
水と衛生に関するワークショップも並行して実施してきました。

Picture5_201708231700484a1.jpg

2015年5月からは日本人駐在員を置かずに規模を少しずつ縮小、
既存井戸の修繕に重きを置いた活動にシフトしながら現地化への準備を進めてきました。

イベントでは、冒頭でBAJミャンマー国代表の森、事務局長の新石、
そして独立するグループの代表となるゾウミンが新たな門出に際しそれぞれの思いを述べました。

P_20170819_180958.jpg

また、ヤンゴン事務所のプログラムオフィサーが
BAJの中央乾燥地域での活動の歴史をスライドを使って振り返りました。

たくさんの懐かしい写真に会場からは感嘆の声があがりました。

Picture1_20170823170049380.jpg
1999年の活動開始当初

Picture3_20170823170045762.jpg
2007年、JICA調査団の訪問

Picture2_20170823170042fb9.jpg
2012年、マグウェ事務所開所式

中央乾燥地域の活動は晴れてBAJから卒業となりましたが、
今後もしばらくは彼らの活動を見守り、後方からのサポートを続けていきます。
2017.08
10

下の写真はいわゆる「ゴム草履」です。

170810_01.jpg

ミャンマーでは外に出るときは、ほとんどの人がゴム草履を履いています。
公式の場でも多くの人がゴム草履です。

170810_02.jpg
 (ある式典での写真。黄色い上着の方はカレン州政府の高官。足元に注目)

私は、3月赴任以来、ずっと日本で愛用していたウォーキングシューズを履いていました。

ところが、雨季の真っ最中の6月のある休日の夕方、知人宅で食事会があり、
その時もいつものシューズを履いておじゃましたのですが、
食事会も終わり、いざ帰ろうと玄関先の自分のシューズを見ると、ぐっしょり濡れています。

ここパアンの雨季は、日本の梅雨の雨の降り方とは大いにちがっていて、
降るときは、まさにバケツをひっくり返したように土砂降りになることがよくあります。

知人宅の玄関入り口には屋根はあるのですが、強い雨が降り込んで、シューズも濡れてしまったものです。

あくる日、そのシューズは何ともいえない臭いを発していたので、
内履きにしていたゴム草履を履いて学校に出勤しました。

一時的な「ゴム草履出勤」のつもりでしたが、いざ日常に履きだすと、
その便利さのためそれ以来ずっと「ゴム草履出勤」を続けています。

たかが「ゴム草履」、されど「ゴム草履」で、いいところが一杯あります。

まず、いつ雨になろうと関係なし、何しろ濡れっぱなしでもいっこうにかまわないのですから。

さらに安全上もいい点があります。
ミャンマー、とりわけパアンの雨季は5月から10月まで続くので、
道路や、玄関エントランスのスロープにはぬめりが発生し、滑りやくなります。

あるときに必要があって革靴を履いているときに、すっかり滑って、完全に転倒してしまいました。幸いケガはしませんでした。

その革靴の底は合成樹脂製で、まだ新しいので突起も残っていたのですが、滑るのを防げませんでした。

こういう点では、ゴム草履はすぐれています。
なにしろ接地面にあわせて自由に変形するので、接地面積がおおきくなり、すべりにくくなるのです。水たまりも平気です。

まだまだ駐在は続きますが、これからも、「ゴム草履出勤」を続けるつもりです。

ここでクイズです。お坊さんは何を履いているでしょうか?
・・・・答えは、下の写真をみればわかるように、裸足!






170810_03.jpg



それではまた次回までさようなら。(横野)
2017.07
31
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

7月3日、国連難民高等弁務官のFilippo Grandi氏がマウンドーのBAJ事務所を訪問され、
UNHCRと実施している平和的共存事業の活動の一つである女性のための裁縫訓練を視察されました。

170731_1.jpg

研修参加者たちとお話になり、日々裁縫訓練に励む彼女たちの状況をご確認になりました。

170731_2_20170731143457c22.jpg

歴代の国連難民高等弁務官を含めても、高等弁務官がマウンドーを訪れるのは初めてとのことです。



翌日のミャンマーの新聞では、一面にGrandi氏のBAJ活動視察のことの記事が一面に載りました。

170731_4.jpg

ちなみに、記事の写真で目をつぶってしまっているのが私です(笑)

今村
2017.07
25
Category : ラカイン州
ラカイン州の南部へ出張しました。目的は、新しい活動の準備です。今回の出張は、とっても楽しかったです。

理由は、緊張感のあるミッション同行でもなく、学校校舎の出来栄えチェックする厳しいモニタリングでもなく、言いにくいこといわなきゃいけないスタッフ面談もなく、植物博士の村歩きに同行したからです。雨季のこの時期、晴れ間なんて珍しいのですが、この植物博士が村歩き始めると、自然と雨がやんだのには驚きました。神がかってる・・・。


校庭


村人たちに校庭内に植えている植物のこと、誰のアイデアでどんな木を植えたのか水やりは?夏休み中は誰が管理しているのか?、伝統薬に詳しい村人がいるか?今後の活動にヒントになる話を聞きだしながら、村の散策をしました。何か新しい活動を始める時にやる気のある村でやることが鉄則ですが、その見極めが難しいです。いくつかの指標をもうけて、村に何度か通いながら20校の中から5校まで絞りこみました。その5校へ植物博士と学校を訪問して、村歩きした結果、4校を新しい活動の対象村としました。(新しい活動の詳しい内容は、またの機会にご紹介します。)

学校話し合い


ある村では学校の授業が始まるところだったのですが、特別ゲストが来たからということで、先生が子どもたちに植物博士の村あるきに同行するよう指示。私は、村人と子どもたちから、下痢や咳に効く葉を教えてもらいました。もぎたてライムもいただきました。

植物博士


子どもたちは、村にある植物や木の名前をよく知っているんですね。町に住む子とは違いますね。あれこれ、教えてくれましたが、ラカイン名なのでミャンマー名とはちょっと発音が違うんです。みんなで、ラカイン名、ミャンマー名、英名、和名を教え合いながら村歩きは続きます。

グアバ

まだ食べごろではないグアバをとって差し出す女の子たち。顔にはタナカぬっています。

タナカ

村の中にタナカの木を植えている家も。売ったら結構、言い値で売れるはず。

胡椒

椰子の木に絡みつく胡椒

木登り


木が生い茂る中にはいると自然と木登りが始まります。

おじいさんが軒先にしげるタマリンドの葉っぱを収穫中。今日のばんごはんのサラダかスープにいれるんでしょうね。


タマリンド


散策が終了すると、すかさずスタッフがお店で子どもたちへのご褒美の飴を購入。村案内ありがとう。

ご褒美

今年度から政府の小学校1年生の教科書が日本政府の支援で改訂されました。カラフルなイラストがたくさんあって、興味がわきそう。教室にあった理科の教科書見てみると、結構、難しそうな植物の生態を勉強するページを発見。これから、益々、教育の質の向上が求められていくんでしょうね。教科書からだけ学ぶのではなくて生きた教材からもたくさん学んでほしいです。(A)

教科書2