RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
01
Category : 南東国境地域
皆さんこんにちは。
再びパアン事務所の吉田です。

今日は、ヤンゴンの日系企業で働く当校卒業生について紹介します。

これまで、3年次の前期までで、計286名の訓練生が訓練を修了して卒業し、そのうちの233名が就職できたことを確認しています(就労率81%)。※プロジェクト目標=80%。
多くの訓練生は地元に戻り、建設現場や車のワークショップなどで、学んだ技術を生かして働いています。
そして、何の技能も持たない人に比べて、より多くの給料をもらえています。
さらに、卒業生が地元で働くことにより、各地域の技術力が向上し、彼らはコミュニティの発展に貢献し、ひいてはミャンマーの技術力底上げに貢献している、ということになります。
これこそが、当事業の長期的な目標です。

一方、当事業はこの3年間、日本政府のODA(つまり日本の皆さんの税金です)により運営しておりますので、ミャンマーに進出している日系企業との連携も模索し、「日本」として考えても益が得られるような取り組みも行っています。

具体的に「連携」とは、当校は日系企業からこの国の技術ニーズ・トレンドに関する情報を得て、より実用性の高い技術を教えるようカリキュラムにフィードバックしたり、日系企業から資機材などの提供を受けたりしています。一方我々からは、当校卒業生で日系企業の要求に合致するような優秀な人材を紹介し(もちろん当人が希望した場合です)、人材不足に悩む日系企業の雇用の一助となっています。
今まで、計21名の当校卒業生が、日系企業に就職しました。彼らは、ヤンゴンやマンダレーで働いています。

日系企業に就職することのメリットは、何といっても、仕事をしながら、引き続き正しい技術、国際標準の技術を継続して学べる、ということです。
以前にもブログでお伝えした通り、この国では技術者は経験と勘だけでやっていることが多く、我々日本人から見ると、誤った、あるいは非効率的なやり方をしていることが多々あります。また、安全や品質に対する意識が非常に低い。
当校では、訓練でまず安全対策や5Sを教え、そして日本式(もしくは国際標準)の正しい技術を教えますので、卒業生がミャンマーローカルの現場に就職した際、「あれ、学校で学んだことと違うことやってるな」と戸惑いを覚えることになります。
時には、自動車整備工場などでは、やり方の相違から上司とけんかして、辞めてしまう例もあります。
当校で教える内容と現場でのやり方のギャップ、これは非常に悩ましい問題です。

よって、日系企業に就職できれば、学んだことをそのまま使え、さらにスキルアップも望める、ということで、卒業生の将来にとっては、好ましいことと言えます。
日系企業側にとっても、安全や5Sという日本では当たり前の基本的なルールを知っている当校卒業生は、すんなり仕事に入れるし、そこから企業が教える必要もない、ということで、実際に高評価をいただいています。
(逆に言うと、技術をすでに習得している一般のミャンマー人を雇用する場合、彼らは安全や5Sなどに無頓着なので、まずそこから教えなくてはならない、ということになります)

前回と一転して話が長くなりましたが、以下にヤンゴンの日系企業で働く卒業生の仕事ぶりを紹介します。

ヤンゴンの日系自動車会社で働く卒業生(右)
DSC01205resize.jpg

ヤンゴンの日系自動車会社で働く卒業生
DSC01185resize.jpg

ヤンゴンの日系自動車会社で働く卒業生
DSC01176resize.jpg

ヤンゴンの日系自動車整備工場で働く卒業生
DSC04122resize.jpg

(日系企業だけあって朝の清掃から仕事が始まります)
DSC04109resize.jpg

日系建設会社が手掛けるヤンゴンの橋梁建設現場で溶接工および機械工として働く3名の卒業生
DSC00632resize.jpg

DSC01164resize.jpg

ヤンゴンの日系橋梁製造企業の工場で溶接工として働く卒業生(両側の2名、中央は企業の人事責任者)
DSC01221resize.jpg

DSC01215resize.jpg

日系の電気工事会社に就職し、ヤンゴンの現場で働く卒業生
DSC09735resize.jpg

DSC09734resize.jpg

いよいよ12月13日で3年次事業が終了します。
今後とも皆さんのご支援をよろしくお願いいたします。

BAJパアン事務所
吉田
スポンサーサイト
2016.11
28
Category : 南東国境地域
皆さんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

日本外務省の日本NGO連携無償資金協力を得て実施している当事業も、間もなく3年次が終了します。
今実施している自動車整備科第4期と溶接科第2期は、本日から最終試験です。
12月9日に修了証書授与式となります。

ところで、当校では、訓練生に技術だけでなく、一般教養・知識を習得してもらうため、土曜日(不定期)に特別授業を実施しています。
外部から様々な講師を招き、技術以外のためになる知識をレクチャーしてもらいます。
以下にこれまで実施した特別授業のいくつかを写真で紹介します。

パアン消防署による防災講義と消火実習
DSC00390resize.jpg

DSC00398resize.jpg

DSC00432resize.jpg

DSC00455resize.jpg

続いて、交通警察官による交通安全・交通ルールの講義です。
DSC06424resize.jpg

続いて、学校近くの変電所見学の模様です。
DSC09898resize.jpg

DSC09911resize.jpg

DSC09917resize.jpg

続いて、BAJモーラミャイン事務所による、衛生ワークショップです。モーラミャイン事務所は、以前のブログでもお伝えした通りすでに閉鎖しましたが、今まで給水事業と村人に対する衛生教育ワークショップを行ってきました。
訓練生は、ワークショップ形式で、グループで議論をしながら、衛生・不衛生について学ぶことができました。
DSC02740resize.jpg

DSC02758resize.jpg

DSC02773resize.jpg

続いては、パアン保健局による、象皮病についての講義と予防薬の配布です。
DSC08303resize.jpg

DSC08304resize.jpg

続いて、ライフスキルワークショップです。外部講師を招いて、①性格改善するには?、②健康を増進するには?、③正しい判断をするには? という3つのテーマで、グループ議論・発表を交えながら考えました。
DSC03911resize.jpg

DSC03915resize_20161128192557f42.jpg

DSC03931resize.jpg

最後は、日系企業による、環境教育です。この会社は電機メーカで、環境問題とエネルギーという観点から、太陽光や風力といったエコエネルギーについての講義をしてくれました。その後、訓練生たちは紙と太陽光パネルで各自が「ソーラーカー」を制作し、楽しみながら学ぶことができました。
DSC06673resize2.jpg

DSC06695resize2.jpg

DSC06699resize3.jpg

DSC06724resize2.jpg

DSC06732resize2.jpg

2017年から、当事業は4年次に入ります。
4年次には、この土曜特別授業をより充実させていきたいと考えています。
英語やライフスキルなどの講義を取り入れ、技術だけでなく、社会人として不可欠のスキルや今後重要となる知識を教えていきたいと思います。

続くブログでは、ヤンゴンの日系企業での当校卒業生の奮闘ぶりをお伝えします。

BAJパアン事務所 
吉田
2016.10
31
Category : ラカイン州
こんにちは。東京事務所の瀬川です。
現在、私はBAJヤンゴン事務所に出張に来ています。

BAJが5年間の計画で実施してきた、ラカイン州での学校建設事業が今年で最終年となりました。
そこで、本事業の評価の実施へ向け、専門家をヤンゴンへ招き、各事務所の現地スタッフと共に参加型評価について学ぶ研修を実施しています。

この研修を経て、事業実施地であるラカイン州シトウェ事務所の担当者は、学校を建設した村へ評価のための調査に入ります。
5年間実施してきた事業の成果を知る、大切な調査です。

研修では、評価設計と現場でのプレ調査によるデータ収集と分析を行います。

評価目的を明確にしたのち、関係者分析をしています。
161031_1.jpg
ミャンマー人スタッフと日本人スタッフでは、関係者の捉え方が異なることも。
お互いの意見を聞き合い、確認していきます。


続いて、プロジェクトのロジックモデルを整理し、誰に何を聞くべきか、など調査の手法を検討します。
161031_2.jpg161031_3.jpg


質問票をつくり、インタビューのシミュレーションを行っています。
161031_4_2016103120570283d.jpg161031_5.jpg


シミュレーションを行い現れた課題、修正点を反映し、いざ、プレ調査へ!

ラカイン州シトウェからほど近い、2村を訪問しました。

村人に今回の調査の目的を説明しています。
161031_6.jpg

村人、OJTに参加した村人、教師、生徒など、プロジェクトの関係者へのインタビューや記録の調査を行いました。

小学校の児童へのインタビュー
161031_7.jpg

村人へのインタビュー
161031_8.jpg



調査結果を持ち帰り、分析のステップへと進みます。
事前に計画していた通りに情報を得られたもの、得られなかったこと、方法の再検討が必要なものなど。

今日も引き続き調査結果を分析中です。

プレ調査で得られた課題を修正し、今後実施する本調査に向けて、万全の体制を整えたいと思います。

2016.10
01
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。
今日は、最近始まったコンピューター研修をご紹介します。

BAJマウンドー事務所では、8月末よりUNHCRの資金によりコンピューター研修を開始しました。
161001_1.jpg


対象者は8年生以上の中学生・高校生のラカイン族とムスリムの学生です。
学校の一教室を借り、放課後に実施しています。

研修では、パソコンの電源の入れ方、シャットダウンの仕方から始まり、ワード、エクセル、パワーポイントまで扱います。

キーボードの配置について説明しています。
161001_2.jpg


キーボードからまだ目が離せないようです。
161001_3.jpg


この写真は、また別の日に撮影。エクセルの表計算の仕方まで進んでいます。
161001_4.jpg

私が始めてパソコンに触れたのは、大学一年生のときの情報処理の時間でした。
電源の切り方がわからずコンセント抜いて電源を切ろうとしたら指導教官に怒られました(笑)
それに比べたら既にエクセルを使えるようになっているとは、なかなか子どもの力はあなどれません。

ちなみにパソコンを動かすには電気が必要ですが、ここはミャンマー最果ての地マウンドー、基本的に電気はありません。
公共の電気は市街地のみ夜6時半から11時半まで利用できます。

BAJマウンドー事務所も最近ようやく、公共の電気の申し込みをして、使えるようになったばかりです。
その他の時間は、事務所に設置してある発電機を利用しています。

学校校舎は公共の電気が通っていないため、発電機を使ってパソコンを動かします。
研修終了後は、パソコンと発電機は学校へ供与します。
研修終了後も教員たちが自らパソコンの授業ができるよう働きかけています。

161001_5.jpg


(注)この記事は10月9日の襲撃事件以前に書かれた記事です。

2016.09
26
Category : 南東国境地域
皆さんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

BAJパアン技術訓練学校も知名度が上がってきたせいか、当校への来訪者や視察者が絶えません。
ヤンゴンに進出している日系企業の方々、ミャンマー政府の要人たち、あとは同じパアンで技術訓練をやっている他のNGOの人たち、などです。
今日はいくつか紹介します。

7月、我々のカウンターパートである国境省の大臣が来校しました。彼は以前、日本に視察に行ったことがあり、親日的で、「日本の援助に感謝している」と、気さくに我々と話してくれました。
IMG_8200resize.jpg

IMG_8208resize.jpg

8月には教育省の御一行が視察に訪れました。
中心は、教育省技術・職業教育局(Department of Technical and Vocational Education)の副局長で、彼は去る8月に東京で行われたJICA主催の「職業訓練に関するスタディーツアー」に参加していました。同時に行われたJICAの国内説明会では、私が日本に一時帰国して本技術訓練学校の活動・成果について報告したのですが、そこでこの副局長と名刺交換し、今回の来校の運びとなりました。

先ごろミャンマー政府が発表した「経済重点施策」の一つに、「職業訓練の充実」という項目があります。ミャンマー政府も技術人材の育成が急務だと考えており、その推進役である教育省の担当者が当校を視察してくれたのは、我々の事業が当分野における成功事例として認知されているからだと考えています。

<訓練生たちへの訓示>
IMG_9463resize.jpg

IMG_9428resize.jpg

同じく8月には、パアン市内で職業訓練事業をやっているNGO、ADRA Myanmarの一行が、スタディツアーとして来校しました。
来校したのはADRA Myanmarスタッフ、インストラクターと、農業機械科および溶接科の訓練生総勢30名ほどです。
彼らは、我々の訓練の様子を見学し、様々な質問をしてきました。私もADRA Myanmarのトレーニングを何度か見学したことがあり、また彼らは職業訓練に関するシンポジウムを定期的に開いており、そこに参加したこともあるのですが、お互いの知見や経験を交換するこのような場は、お互いの事業内容向上にとって有益だと考えています。

ADRA Myanmarの一行が我々の技術訓練を見学
ADRA5.jpg

ADRA8.jpg



ここで話は変わりますが、もうすぐ10月7日に、現在実施している電気科第4期が終了を迎えます。
今回の電気科では、エアコン設置を授業に取り入れました。
ミャンマーでは、オフィスビルや商業施設等の割と大きな建設が目白押しで、そういう場所では、電気工事のみならず、エアコン設置の仕事が増えています。このような需要増に応えるため、今期の電気科でエアコン設置基礎を取り入れ、来期から電気科の訓練期間を延長して、エアコン設置の訓練を本格的に取り入れる予定です。

先日も紹介しましたが、現在NISVA(技能ボランティア海外派遣協会)から派遣され当校で指導されている電気専門家の械塚さんは、エアコン、冷蔵庫などの冷凍空調設備が専門で、彼の指導によって、今回エアコンの授業を立ち上げることができました。

技術というものは、どんどん進化していきます。特に今まで鎖国のような状態だったミャンマーでは、これからどんどん新しい技術が外から流入してくるでしょう。
当校の訓練においても、変化する技術ニーズを見逃すことなく、この国で必要とされる技術を授業に取り入れていきたいと考えています。

DSC01477resize.jpg

DSC01447resize.jpg

電気専門家 械塚さんの指導
DSC01434resize.jpg

DSC01478resize.jpg

本日は以上です。