RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
14
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

ブログでも何度かご紹介していますが、BAJはラカイン州で学校建設の事業を行っています。
2012年9月から2017年8月までの5年間で合計100校の校舎を建設中で、既に76校が完成済みです。

これまでのプロジェクトのインパクトはどうだったのか確認するため、
そしてさらに反省点をこれからのプロジェクトに活かしていくため、現在、プロジェクト評価を行っています。

評価の手法は、以前ご紹介した参加型評価手法です(詳細はこちらを参照)。

今回は、4年次までに完成した76校のうち、昨年10月9日の襲撃事件の影響を受けたマウンドー郡、
ブティドン郡、ラティドン郡を除く69校で実施しました。

69校全てスタッフが現地に行き、住民や教員そして児童・生徒の声を集めましたが、
ラカイン州、なかなか面積が大きいので、移動が大変です。

シットウェからタンゴップまでボートで移動したところ、何と13時間もかかってしまいました。
帰りはさすがに、タンゴップのお隣アンからシットウェまで飛行機で戻りましたが、
ラカイン州内全域の広範囲に渡って学校を建設するのは一苦労と改めて実感。

保護者の家に訪問し、質問中
170214_1.jpg


子どもたちから聞き取り
170214_2.jpg


学校管理委員会のメンバーたちとディスカッション
170214_3.jpg


参加型評価の結果は、データを集計後に分析を開始する予定ですが、
データ収集に同行して、既に建設を完了した学校で避難実績が出ていることが確認できました。

2015年7月、8月ラカイン州は豪雨とサイクロンコメンに襲われました。

BAJも緊急支援の一環として、別プロジェクトでマウンドー郡の学校校舎修繕を行いました(プロジェクト詳細はこちら)。

100校の学校建設事業では、当時50校近くの校舎が既に完成していたので、
被災した村では、村の人たちがBAJ校舎へ避難していました。

大体の場合、村の人たちが災害時に避難する場所はお寺です。
BAJ校舎一つに避難が必要な全住民を収容できるわけではありませんが、
お寺の他にも避難先の選択肢が増えることは住民の安全につながります。

タンゴップ郡の村の一つでは、2015年8月全住民がお寺と学校(下記写真参照)の二手に分かれて避難したとのことでした。

170214_4.jpg

170214_5.jpg


今回ご紹介したのは、事業インパクトの一例ですが、
教室が増えたことで小学校から中学校へと学校のグレードが上がったり、
BAJ建設事業に参加した村人が身に着けた建設技術を使い他の建設現場で働き収入を得たりと、
他のインパクトも見られました。

もちろん、BAJが反省すべき点もいくつか出てきています。
その辺も含めて、収集データを分析し、次のプロジェクトに活かしていきたいと思っています。

マウンドー事務所
今村
スポンサーサイト
2016.12
26
Category : ラカイン州
10月9日、マウンドーとラティドンにある国境警備警察の地域本部を含む3つの基地が
イスラム系武装勢力により、同時多発的に攻撃を受けました。

これに対し、ミャンマー政府軍及び国境警備警察の合同軍は掃討作戦実施、
さらに武装勢力側との交戦等が起こり、BAJは一部活動ができない状況になりました。

そのような中、10月9日以来停止していた2コースの研修を再開しました。

写真は、ブティドン郡Zay Di Taung村での機械研修です。
161226_1.jpg

161226_2.jpg

研修内容は、単気筒エンジンの修理方法。
全40日の研修日程で、10月9日までに32日が修了済み。
11月27日に再開し、残り8日間の研修を実施しました。

161226_3.jpg

161226_4.jpg

2か月近くに及ぶ中断を挟みましたが、12月9日無事参加者たちが研修全日程を終え、修了式が実施されました。


そして、こちらはブティドン郡Nyaung Chaung村でのコンピューター研修です。
161226_5.jpg

コンピューター研修は、高校生を対象としています。

11月上旬に研修を再開しようとした際、学校は再開されていましたが、
治安面の不安からか学校に出席している生徒は少数でした。

コンピューター研修に参加している生徒の何名かも10月9日以降学校へ出席していなかったため、
BAJスタッフが生徒の家まで行き、状況を説明し、何とか再開にこぎつけました。

161226_6.jpg

12月16日に実施された修了式の様子です。
161226_7.jpg

この活動は、村人たちの技術力等の向上を目指していますが、
より大きな目標としてラカイン人とムスリム住民の平和的共存を目指しています。

両者が共にBAJの研修で学ぶことで、相互理解を促し、
互いに尊重していけるようになることが目標です。

10月9日以前、ラカイン州北部は、他の地域と比べると、
ラカイン人とムスリムが絶妙なバランスの上で比較的良好な関係を保っていました。

10月9日の襲撃事件後、状況が変わりつつあります。
そうした状況のなか、BAJの本活動がますます重要な役割を担っていくと考えています。

ご紹介した2つ以外の研修は活動を停止していますが、
ラカイン人とムスリムの平和的共存を目指し、随時研修を再開する予定です。

マウンドー事務所
今村
2016.10
31
Category : ラカイン州
こんにちは。東京事務所の瀬川です。
現在、私はBAJヤンゴン事務所に出張に来ています。

BAJが5年間の計画で実施してきた、ラカイン州での学校建設事業が今年で最終年となりました。
そこで、本事業の評価の実施へ向け、専門家をヤンゴンへ招き、各事務所の現地スタッフと共に参加型評価について学ぶ研修を実施しています。

この研修を経て、事業実施地であるラカイン州シトウェ事務所の担当者は、学校を建設した村へ評価のための調査に入ります。
5年間実施してきた事業の成果を知る、大切な調査です。

研修では、評価設計と現場でのプレ調査によるデータ収集と分析を行います。

評価目的を明確にしたのち、関係者分析をしています。
161031_1.jpg
ミャンマー人スタッフと日本人スタッフでは、関係者の捉え方が異なることも。
お互いの意見を聞き合い、確認していきます。


続いて、プロジェクトのロジックモデルを整理し、誰に何を聞くべきか、など調査の手法を検討します。
161031_2.jpg161031_3.jpg


質問票をつくり、インタビューのシミュレーションを行っています。
161031_4_2016103120570283d.jpg161031_5.jpg


シミュレーションを行い現れた課題、修正点を反映し、いざ、プレ調査へ!

ラカイン州シトウェからほど近い、2村を訪問しました。

村人に今回の調査の目的を説明しています。
161031_6.jpg

村人、OJTに参加した村人、教師、生徒など、プロジェクトの関係者へのインタビューや記録の調査を行いました。

小学校の児童へのインタビュー
161031_7.jpg

村人へのインタビュー
161031_8.jpg



調査結果を持ち帰り、分析のステップへと進みます。
事前に計画していた通りに情報を得られたもの、得られなかったこと、方法の再検討が必要なものなど。

今日も引き続き調査結果を分析中です。

プレ調査で得られた課題を修正し、今後実施する本調査に向けて、万全の体制を整えたいと思います。

2016.10
01
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。
今日は、最近始まったコンピューター研修をご紹介します。

BAJマウンドー事務所では、8月末よりUNHCRの資金によりコンピューター研修を開始しました。
161001_1.jpg


対象者は8年生以上の中学生・高校生のラカイン族とムスリムの学生です。
学校の一教室を借り、放課後に実施しています。

研修では、パソコンの電源の入れ方、シャットダウンの仕方から始まり、ワード、エクセル、パワーポイントまで扱います。

キーボードの配置について説明しています。
161001_2.jpg


キーボードからまだ目が離せないようです。
161001_3.jpg


この写真は、また別の日に撮影。エクセルの表計算の仕方まで進んでいます。
161001_4.jpg

私が始めてパソコンに触れたのは、大学一年生のときの情報処理の時間でした。
電源の切り方がわからずコンセント抜いて電源を切ろうとしたら指導教官に怒られました(笑)
それに比べたら既にエクセルを使えるようになっているとは、なかなか子どもの力はあなどれません。

ちなみにパソコンを動かすには電気が必要ですが、ここはミャンマー最果ての地マウンドー、基本的に電気はありません。
公共の電気は市街地のみ夜6時半から11時半まで利用できます。

BAJマウンドー事務所も最近ようやく、公共の電気の申し込みをして、使えるようになったばかりです。
その他の時間は、事務所に設置してある発電機を利用しています。

学校校舎は公共の電気が通っていないため、発電機を使ってパソコンを動かします。
研修終了後は、パソコンと発電機は学校へ供与します。
研修終了後も教員たちが自らパソコンの授業ができるよう働きかけています。

161001_5.jpg


(注)この記事は10月9日の襲撃事件以前に書かれた記事です。

2016.09
13
Category : ラカイン州
5年で100校の学校校舎建設、という凄い事業の最後の1年が始まりました。
9月の1週目は、24校の学校校舎を建設するマウンドー事務所とシトウェ事務所でキックフミーティングを実施してきました。

ミャンマー全土で言えることですが、
ミャンマーの村にある学校は村人たちが自助努力で建設した学校がほとんどで、
地面は土のままで仕切りがなく、隣のクラスの声や音が丸聞こえだったり、
屋根のトタン屋根には穴があいている雨漏りするというのが普通で、
中には校舎自体が傾いていてとても危険な状態の校舎もあります。
これまで、物・資金・技術が限られたミャンマーの僻地では仕方のない状況とも言えます。

ミャンマーの典型的な学校校舎 例①
20160913_1.jpg


ミャンマーの典型的な学校校舎 例②
20160913_2.jpg



ラカイン州は、ミャンマー全土で貧困度が2番目に高い場所と報告されていて、
バングラディッシュと国境を接した開発から取り残された場所です。
ラカイン州に限らずミャンマーの辺境地は、どこも似たような状態です。
最近は、建設事業ラッシュの兆しが見えてきました。
幹線道路を車で走ると役所、病院、住居、道路など建設現場をよく見かけます。

ようやく始まった建設の仕事ですから、地元コントラクターの技術者、経験値もまだまだ。全体的に質は良くありません。
こちらも、これまでの経緯を考慮すれば当然のことです。
中には、建設中の学校校舎が取り壊し作業中に見える現場に遭遇することも。

扉の木枠いれずに煉瓦積んだ後、扉部分の場所を確保するために削っています。
20160913_3.jpg

内部はこんな状況・・・
20160913_4.jpg

その後、この業者は仕事ホッぽりなげて逃亡したそうです・・・。
ラカインで少し立派な建設をしているのはヤンゴンの業者のようです。

BAJではこのラカイン州で20年以上、地元の方に技術研修の機会を提供しながら技術の底上げを念頭に建設を進めてきました。地元住民で研修受けた人たちが今では親方になっているんです。
オンザジョブトレーニングで技術を学び、その後もセミ熟練労働者として親方の元で仕事を続けた後に独立し、
自分の熟練労働者グループを作っていった者もいます。

BAJの建設する学校には、細かな日本の技術、工夫がところどころにちりばめられています。

技術例① ランマーでの地固め
20160913_5.jpg

きちんとした機材をそろえていれば床を締め固めるコンパクターとか、
ランマー(写真中央のオレンジ色のカバーが付いている機械)が使用されます。

基礎締めがしっかりしていないと上にコンクリート固めてもあとで床がゆがんだりひび割の原因になります。
下の写真は、床を締め固めるのが足りなかった典型的な例

政府の学校。ひび割れが出来ています。
20160913_6.jpg

地元で使用されている道具
20160913_7.jpg

地元で地固めに使用されている道具は、ボトゥー(ラカイン語)と呼びますが、こんなふうに手作りされたもの。
いくら労働者はたくさんいるといってもこれを何回も振り落とし地固めするのは根気のいる作業です。
BAJでは、機械を使用して1教室につき午前中4時間、午後4時間、合計8時間かけて締め固めます。
床は機械を使用したほうがより良い仕上がりになります。

技術例② 水切り
20160913_8.jpg

窓の上にあるひさしの下に筋がはいっているのが、水切りです。
この地域は年間5,000ミリ以上雨が降る豪雨地帯ですから、雨が校舎の中に入って勉強中断ってこともよくあります。
この水切りがついていると雨だれが切れて窓の中に入ってこないし壁面に雨がつたって壁面が劣化することも避けられます。

技術例➂ 面取り
20160913_9.jpg

日本の建設物のほとんどすべてに取り入れられていますが、柱や梁の角を面取りする技。
こどもたちが柱の角に頭などぶつけても怪我は最小限に抑えられます。
面取りしていない柱の角に何かがぶつかった時に欠けることも避けられ強度補強効果にもつながっています。
貧しい村の学校が余計な支出せず永く気持ちよく使ってもらえるよう主要な場所は面取りしています。

今回はこの辺で終わりにします。安全で頑丈な校舎ができると子供たちは勉強に集中できるものです。

20160913_10.jpg

20160913_11.jpg

サイクロンや洪水時に避難する場所がないのがミャンマーの僻地の現状です。
完成した学校校舎は、子どもたちの学びの場所のみならず自然災害時の避難場所にもなります。

予定とおり、あと1年で24校の学校校舎建設が終了できるように、スタッフと一丸になって活動をすすめています。

(A)