RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.07
31
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

7月3日、国連難民高等弁務官のFilippo Grandi氏がマウンドーのBAJ事務所を訪問され、
UNHCRと実施している平和的共存事業の活動の一つである女性のための裁縫訓練を視察されました。

170731_1.jpg

研修参加者たちとお話になり、日々裁縫訓練に励む彼女たちの状況をご確認になりました。

170731_2_20170731143457c22.jpg

歴代の国連難民高等弁務官を含めても、高等弁務官がマウンドーを訪れるのは初めてとのことです。



翌日のミャンマーの新聞では、一面にGrandi氏のBAJ活動視察のことの記事が一面に載りました。

170731_4.jpg

ちなみに、記事の写真で目をつぶってしまっているのが私です(笑)

今村
スポンサーサイト
2017.07
25
Category : ラカイン州
ラカイン州の南部へ出張しました。目的は、新しい活動の準備です。今回の出張は、とっても楽しかったです。

理由は、緊張感のあるミッション同行でもなく、学校校舎の出来栄えチェックする厳しいモニタリングでもなく、言いにくいこといわなきゃいけないスタッフ面談もなく、植物博士の村歩きに同行したからです。雨季のこの時期、晴れ間なんて珍しいのですが、この植物博士が村歩き始めると、自然と雨がやんだのには驚きました。神がかってる・・・。


校庭


村人たちに校庭内に植えている植物のこと、誰のアイデアでどんな木を植えたのか水やりは?夏休み中は誰が管理しているのか?、伝統薬に詳しい村人がいるか?今後の活動にヒントになる話を聞きだしながら、村の散策をしました。何か新しい活動を始める時にやる気のある村でやることが鉄則ですが、その見極めが難しいです。いくつかの指標をもうけて、村に何度か通いながら20校の中から5校まで絞りこみました。その5校へ植物博士と学校を訪問して、村歩きした結果、4校を新しい活動の対象村としました。(新しい活動の詳しい内容は、またの機会にご紹介します。)

学校話し合い


ある村では学校の授業が始まるところだったのですが、特別ゲストが来たからということで、先生が子どもたちに植物博士の村あるきに同行するよう指示。私は、村人と子どもたちから、下痢や咳に効く葉を教えてもらいました。もぎたてライムもいただきました。

植物博士


子どもたちは、村にある植物や木の名前をよく知っているんですね。町に住む子とは違いますね。あれこれ、教えてくれましたが、ラカイン名なのでミャンマー名とはちょっと発音が違うんです。みんなで、ラカイン名、ミャンマー名、英名、和名を教え合いながら村歩きは続きます。

グアバ

まだ食べごろではないグアバをとって差し出す女の子たち。顔にはタナカぬっています。

タナカ

村の中にタナカの木を植えている家も。売ったら結構、言い値で売れるはず。

胡椒

椰子の木に絡みつく胡椒

木登り


木が生い茂る中にはいると自然と木登りが始まります。

おじいさんが軒先にしげるタマリンドの葉っぱを収穫中。今日のばんごはんのサラダかスープにいれるんでしょうね。


タマリンド


散策が終了すると、すかさずスタッフがお店で子どもたちへのご褒美の飴を購入。村案内ありがとう。

ご褒美

今年度から政府の小学校1年生の教科書が日本政府の支援で改訂されました。カラフルなイラストがたくさんあって、興味がわきそう。教室にあった理科の教科書見てみると、結構、難しそうな植物の生態を勉強するページを発見。これから、益々、教育の質の向上が求められていくんでしょうね。教科書からだけ学ぶのではなくて生きた教材からもたくさん学んでほしいです。(A)

教科書2




2017.06
28
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

このブログでも何度かご説明しましたが、ミャンマーは自然災害が発生しやすい国です。
その中でもラカイン州は、ミャンマーの中でもサイクロンの通り道となりやすい場所の一つとなっています。

今年もやってきました。サイクロン。その名もサイクロン「モラ」!!
170627_01.png

上陸予定前日には、サイクロンへの警戒警報が出ました。

5月29日夜10時くらいから激しい雨と風が始まり、
深夜さらに激しくなります。

そして、翌日、朝起きて外を見たら事務所が大惨事に!!
170627_02.jpg

木が倒れてます。
170627_03.jpg

屋根が吹き飛んでいます。
170627_04.jpg

建物が崩れています。
170627_05.jpg

もちろん、BAJ事務所だけでなく、
マウンドー県(マウンドー郡とブティドン郡)全体にサイクロン被害が出ました。

5月30日のマウンドー市街地の写真です。
170627_06.jpg
170627_07.jpg
170627_08.jpg
170627_09.jpg

午前11時半の時点では、まだ道路に倒れた木や電柱がそのままになっていて、車輛で通行
できない場所がいくつかありました。

170627_10.jpg
170627_11.jpg
170627_12.jpg
170627_13.jpg
170627_14.jpg


写真のように、午後4時半には、地元行政が道路の障害物を撤去し、かなりの部分が通れるようになっていました。

下の写真は、BAJからUNHCR事務所までの道路です。
170627_15.jpg
170627_16.jpg

電柱が全て倒れてしまっています。


マウンドーは2015年にもサイクロンコメンにより、被害を受けています。
BAJ事務所の被害は大きいですが、2年前と比べ今回のサイクロンでは地域の被害は小さかったと言えます。

ミャンマー政府の発表によると、マウンドー県内全体の被害状況としては、
家屋の破損が14,990軒、学校校舎の破損が364校舎となっています。

BAJはラカイン州で日本財団と5年間の学校校舎の建設事業を実施中ですが、
この事業で造った校舎は今回のサイクロンでも被害を受けませんでした。
170627_17.jpg

写真の3つの建物のうち一番左側にあるのが、
BAJが4年次事業(2015年9月~2016年8月)で建設したのものです。
他の2つは、ミャンマー政府の建設によるものです。

170627_18.jpg
170627_19.jpg
170627_20.jpg

BAJが建てた校舎は被害がありませんが、他の校舎2つは屋根に損害が出ています。
この事業では、災害に強い校舎を作っていると改めて示すことができました。

今回のサイクロン被害への対応については、行政の動きが早く、資金も独自に調達できているようです。
地元教育行政も被害を受けた校舎の修繕を計画立てていますが、全てをカバーすることを難しいようです。
BAJは、行政機関の修繕対象から外れてしまった校舎の修繕を計画中です。

最後に、下の写真は私が使っているシャワールームです。
170627_22.jpg

サイクロンで屋根が吹き飛びました。
雨が降っているときには、シャワーを浴びているのか雨を浴びているのかわかりません(笑)

マウンドー事務所 今村
2017.04
12
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

今日は、いつものブログ記事とは変わって、駐在員のある一日を時系列でお知らせします。
駐在員になったつもりで読んでいただけますと幸いです。

午前6時05分
170412_1.jpg
この日は、早朝から活動開始です。

マウンドー事務所から隣の郡のブティドン郡へまずは移動します。
170412_2.jpg
最近は、夜が明けるのが早くなりました。
3か月前の同じ時間は、まだ真っ暗でした。

7時22分
ブティドン市街地に到着しました。
まずは、スタッフと一緒に朝ご飯です。
170412_3.jpg
写真に写っているのは、左から学校建設スタッフ、ボートドライバー、研修担当スタッフです。
左の2人がラカイン族、右のスタッフがムスリム。
複数の民族が共存する地域だということが朝ご飯の写真からわかります。

午前7時31分
最初の目的地、ブティドン市街地近くのMyo Thit小中学校です。
170412_4.jpg 170412_5.jpg
日本財団の資金でBAJが建設し、昨年8月に完成した校舎です。

現在、ミャンマーの学校は長期の休暇中ですが、この日は校長先生に教室を貸してもらいました。
教室を借りて何をしたかと言うと、新スタッフの採用面接です。

新しいスタッフの募集をかけたところ何名かの応募があり、
マウンドーのBAJ事務所まで何名かの応募者には来てもらい面接を行いましたが、
ブティドン郡出身のムスリム応募者は、この日移動許可が出なかったためブティドンで面接を実施することにしました。

この日は、早朝から3名の応募者と面接を実施しました。
写真の右側が応募者です。
170412_6.jpg 170412_7.jpg

午前8時56分
面接が終わり、次の目的へと出発です。
移動手段はボート。
170412_8.jpg

マウンドー郡内は、BAJが長年多くの橋を造って来たこともあり、ほとんどの村へ車で行くことができます。
しかし、ブティドン郡、ラティドン郡の村へ行く際には、多くの場合ボートが必要です。

スタッフが乗り込み、準備万端です。(タンミンピース)
170412_9.jpg

出発!!
170412_10.jpg 170412_11.jpg

2人ともBAJスタッフです。
170412_12.jpg
左が、朝ご飯の写真にも写っていたボートドライバー、右が現場張り付きの建設スタッフです。

目的の村に着くまでの途中の景色です。
170412_13.jpg 170412_14.jpg

10時05分
1時間強かけて到着です。
170412_15.jpg 170412_16.jpg

目的の村、ラティドン郡Yae Soe Chaung村に着きました。
日本財団の資金で実施中の学校建設現場です。
170412_17.jpg 170412_18.jpg
写っているのは、古い校舎です。
この学校は生徒数が多いため、BAJの校舎が完成した後も古い校舎を使用予定です。

10時30分
現場スタッフとの打ち合わせです。
170412_19.jpg
真ん中のBAJシャツを着たスタッフがこの現場の担当エンジニアです。
家族がヤンゴンに住む中、単身ラカイン州に来て働いてもらっています。

11時15分
シットウェ側から来るBAJ国代表と専門家の土木技師を迎えます。
2人が乗ったボートが近づいてきます。
170412_20.jpg 170412_21.jpg

到着です。
170412_22.jpg 170412_23.jpg

11時33分
一休みしてから早速、専門家に建設現場を見てもらいます。
170412_24.jpg

担当エンジニアへ直接技術指導がされています。
170412_25.jpg

一通り状況を見ていただいたところで、その場にいたBAJスタッフ全員へとご指導いただきました。
170412_26.jpg 170412_28.jpg

12時15分
次の村へ出発するため、ボートに乗り込みます。
このボートは天井が低く、乗り込むのも一苦労です。
170412_29.jpg 170412_30.jpg 170412_31.jpg 

13時25分
1時間以上かかり、次の目的の村ラティドン郡Bar Ta Lay村に到着です。
170412_32.jpg


こちらの村でもBAJが学校校舎を建設中です。
170412_33.jpg 170412_34.jpg

13時52分
専門家に現場を見ていただく前に、まずは遅めのランチです。
170412_35.jpg 170412_36.jpg 

14時20分
専門家の現場確認開始。
担当スタッフへと直接技術指導をしていただいています。
170412_37.jpg 170412_38.jpg

進捗状況はまだ掘削が終わったところですが、専門家によるとこの掘削だけでも技術力の差が出るとのこと。
170412_39.jpg
この現場は、きれいにまっすぐ土を掘れていますが、ダメな現場では曲がってしまうとのこと。

170412_40.jpg

この現場でもスタッフ全体への技術指導です。
170412_41.jpg 

15時10分
シットウェへと戻る国代表と専門家を見送ります。
今回もありがたいご指導でした。
170412_42.jpg 170412_43.jpg

15時15分
見送った後、私もマウンドーへ向けて帰ります。
170412_44.jpg

15時46分
170412_45.jpg
まだ着きません。

16時23分
170412_46.jpg
まだ着きません。

16時58分
170412_47.jpg
まだ着きません。
日が暮れてきました。

17時13分
170412_48.jpg
きれいな夕暮れです。

17時30分
170412_49.jpg 170412_50.jpg
ようやくブティドン市街地が見えてきました。

到着です。
170412_51.jpg 170412_52.jpg 170412_53.jpg

17時35分
170412_54.jpg
今度は、ここから車でマウンドーへと向かいます。

18時30分
170412_55.jpg 170412_56.jpg
BAJマウンドー事務所に到着です。

長い一日です。
お疲れ様でした。

今村
2017.02
14
Category : ラカイン州
マウンドー事務所の今村です。

ブログでも何度かご紹介していますが、BAJはラカイン州で学校建設の事業を行っています。
2012年9月から2017年8月までの5年間で合計100校の校舎を建設中で、既に76校が完成済みです。

これまでのプロジェクトのインパクトはどうだったのか確認するため、
そしてさらに反省点をこれからのプロジェクトに活かしていくため、現在、プロジェクト評価を行っています。

評価の手法は、以前ご紹介した参加型評価手法です(詳細はこちらを参照)。

今回は、4年次までに完成した76校のうち、昨年10月9日の襲撃事件の影響を受けたマウンドー郡、
ブティドン郡、ラティドン郡を除く69校で実施しました。

69校全てスタッフが現地に行き、住民や教員そして児童・生徒の声を集めましたが、
ラカイン州、なかなか面積が大きいので、移動が大変です。

シットウェからタンゴップまでボートで移動したところ、何と13時間もかかってしまいました。
帰りはさすがに、タンゴップのお隣アンからシットウェまで飛行機で戻りましたが、
ラカイン州内全域の広範囲に渡って学校を建設するのは一苦労と改めて実感。

保護者の家に訪問し、質問中
170214_1.jpg


子どもたちから聞き取り
170214_2.jpg


学校管理委員会のメンバーたちとディスカッション
170214_3.jpg


参加型評価の結果は、データを集計後に分析を開始する予定ですが、
データ収集に同行して、既に建設を完了した学校で避難実績が出ていることが確認できました。

2015年7月、8月ラカイン州は豪雨とサイクロンコメンに襲われました。

BAJも緊急支援の一環として、別プロジェクトでマウンドー郡の学校校舎修繕を行いました(プロジェクト詳細はこちら)。

100校の学校建設事業では、当時50校近くの校舎が既に完成していたので、
被災した村では、村の人たちがBAJ校舎へ避難していました。

大体の場合、村の人たちが災害時に避難する場所はお寺です。
BAJ校舎一つに避難が必要な全住民を収容できるわけではありませんが、
お寺の他にも避難先の選択肢が増えることは住民の安全につながります。

タンゴップ郡の村の一つでは、2015年8月全住民がお寺と学校(下記写真参照)の二手に分かれて避難したとのことでした。

170214_4.jpg

170214_5.jpg


今回ご紹介したのは、事業インパクトの一例ですが、
教室が増えたことで小学校から中学校へと学校のグレードが上がったり、
BAJ建設事業に参加した村人が身に着けた建設技術を使い他の建設現場で働き収入を得たりと、
他のインパクトも見られました。

もちろん、BAJが反省すべき点もいくつか出てきています。
その辺も含めて、収集データを分析し、次のプロジェクトに活かしていきたいと思っています。

マウンドー事務所
今村