RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.05
19
Category : カレン州
「ミンガラバー!」(こんにちは)ミャンマーはカレン州パアンに駐在している横野です。

4月に前任者から交代して間もないので、まだまだ驚くことが一杯です。
それらはまたあとの楽しみして、今回は2017年度の事業で増設が決まった、
セレモニーホールと、作業棟2棟の完成が近づいたので、その様子を伝えます。

ミャンマーの建物がどのように作られているか・・日本の一般の住宅、事務所とは作りが違うので、写真で紹介します。

まず、本校の敷地図です。
170519_01.jpg
それぞれ図の中で、

①…事務所棟
②…教室棟(溶接科、電気科、建築科の3教室があります)
③…自動車整備科の作業棟
④…電気科と溶接科の作業棟(特に溶接科は、火花が飛んだりするので、危険防止のために広いスペースが必要ですが、電気科と場所を分け合っていました)
⑤…食堂(訓練生は3食ここで食事をとります)
⑥・・寮(3棟あります)
⑦…セレモニーホール(今回新設するもので、入学式など全員が揃っての式典などに使います)
⑧、⑨…新設の作業棟(完成後はそれぞれ建築科と、電気科の実習に使います)

これは、工事が始まる前の学校の様子です。
170519_02.jpg

こちらは最近のもので、中央に完成間近のセレモニーホールが見えます。
170519_03.jpg
いわゆるビフォー、アフターの写真です。

3月中旬の新作業棟の工事現場の様子
170519_04.jpg
床コンクリート付設が終わり、鉄筋コンクリート支柱が立っている

作業棟の梁のコンクリート付設の様子
170519_05.jpg
建築科の訓練生がOJTで作業をしている

3月末の作業棟
170519_06.jpg
手前は梁が完成している。奥は梁の作業中

壁はレンガ積みで作る(セレモニーホール)
170519_07.jpg

レンガ積み完了、屋根の骨組み(鉄骨)が始まっている(4月末)
170519_08.jpg

レンガ積みの上からモルタルを塗ると、鉄筋コンクリートの壁のように見える。
170519_09.jpg
壁塗り作業をしているのは、地元の建築業者。
本校の訓練生が作業するときは、ヘルメット、作業服、安全靴を着用する。

屋根のトタン板張り。
170519_10.jpg
少なくともパアン住宅、事務所の屋根はみんな同じような構造をしている。
瓦のように見えても、そんな形のトタンでできている。
屋内にいると、たたきつけるような土砂降りのときの音はすごい。


完成した作業棟
170519_11.jpg
残るは電気配線のみ。
OJTで電気科の訓練生が作業する予定。

完成間近のセレモニーホール。
170519_12.jpg
内装を残すのみとなった。


雨季に入る前の完成をめざしていましたが、何とか間に合いそう。
ここ数日は雨が多いので雨季が近づいているかもしれない。
それではまた次回までさようなら。

(横野)

スポンサーサイト