RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
10
170110_1.jpg

あけましておめでとうございます。
本年も引き続き、BAJへのご支援のほどどうぞ宜しくお願いいたします。

ミャンマーでは、お正月は4月にあるので、
1月のお正月はお正月らしからぬ、、、普通の日という感じでしたが、
最近のミャンマーはカウントダウンや花火があがり、かわりましたね。
これも、ヤンゴン、せいぜいマンダレーくらいのことなのでしょうけど。

BAJは1995年からミャンマーで開始したいわば老舗の日本のNGOですが、
ミャンマーも変化してきており、新規でNGOが活動を開始し始めています。
政府の規定や法律が整備されて必要な手続きがネット上で取得できるわけでもなく、
色々な特殊事情があるから活動を開始するのも容易ではありません。

BAJでは、なるべくこれまでの経験を共有し、他団体へも貢献できるよう意識してきました。
例えば、他団体さんがミャンマーで活動を開始するのに必要な覚書や登録手続きを手伝ったり、
日本NGOネットワークの初年度の運営委員も務めたりしました。

2年前に日本NGOネットワーク(通称JNN)が立ち上がり、
今では25団体以上が加盟しています。

毎月恒例で勉強会を開催し、各団体が持ち回りで活動発表したり、
外部からスピーカーを呼んで学んだりしています。

つい先月もNGO活動にご興味ある企業の方を交えて忘年会&懇親会も実施しました。
業種は違えども、共有できる悩みも多く、同じミャンマーで貢献する企業とNGOが
お互いを知るとても良い機会になりました。

実は、BAJも、給水事業をCSR(企業の社会的責任)として実施したい、
Myanmar Posts and Telecommunications(ミャンマー国営郵便・電気通信事業体。)を、
他団体さんからご紹介いただき、井戸掘り事業の契約につながりました。

170110_2.jpg
MPTのメディア発表イベントでの一枚

JNNでは、今年はもっと積極的にネットワークの機会や学びを深める予定です。
講師の方を日本から招聘してNGOスタッフ対象に研修を実施していきたいと考えています。
現場ではアウトプットが多く求められますが、インプットの機会はなかなかありません。
現場職員への研修は大切ですが、時間や資金に余裕がなく自前で研修ができる団体も多くありません。

NGO同士の横の連携や企業との協働が必要、大事だと思うようになったのは、
ミャンマーにはやることが多すぎるほどあって、
同じような目的を持つ団体、組織、個人と協力してやっていかないと
砂場に水をまくような徒労感を感じるようになったからです。

BAJとこのネットワークを活発化させて更にミャンマーに貢献できるワクワク感で新年をスタートさせました。
みなさま、ご理解とご指導のほどどうぞ宜しくお願いいたします。

(A)
スポンサーサイト
2011.07
19

少し真面目な話になるが私達の団体はコミュニティインフラを活動の一部としているため、説明責任や事業の透明性の確保に一層力を注がなければならない。また、事業資金ので出処の説明も日本人駐在員は常日頃からミャンマー人スタッフへ話すようにしている。

駐在歴が長くなってきたが、日本とミャンマーの習慣の違いは、いまだに驚かされることがある。先日、全事務所あてに改めてアナウンスを出すことにした。その内容は、仮払いをした際は、規定通り、1週間以内に精算を済ますようにというもの。ある事務所で、精算の遅れが特に目立ち、それが月次報告にまで影響するようになったからだ。但し、1週間以内に精算が済ませられない場合は、上司と相談の上、ケースバイケースで対応するようにと最後に一文書き添えた。一筋縄でいかない仕事には、若干の柔軟性を持たせたアナウンスが有効だという日本ではごくあたりまえのセオリー。念のため、そのアナウンスを会計セクションの責任者(ミャンマー人女性)に見せたところ、最後の一文は削除したほうが良いとアドバイスがあった。理由をたずねると、この一文を隠れ蓑に実態は何も変わらないことになる。この一文はマネージャーレベルで理解しておき、必要なときにマネージャーの権限で適応すればよいとなかなか厳しいコメント。

私の限られた経験だが、途上国では、日本人が好む民主的で対等な管理が、そのまま成果につながらないことを痛感している。例の問題のある事務所では、自主的にこのアナウンスを了承したという確認の署名をスタッフ全員にさせたとか。どれくらいこのアナウンスが功を奏すのか見守りたい。


(A)
2011.06
14

BAJでも、東日本大震災に緊急募金をお願いし、また被災地にて支援活動を実施しています。

→ http://www.baj-npo.org/2011/04/post-35.html

そして、今回はBAJの海外の活動地であるベトナムやミャンマーからも現地での価値を考えると決して少なくない額の寄付金が集まっており、東北の被災地での支援活動に有効に役立たせていただいています。

実はミャンマー国内でも2008年のサイクロン「ナルギス」や2010年のサイクロン「ギリ」といった、いまだに復旧、復興支援がじゅうぶんに行われていない地域もあれば、常日頃から社会的に弱い立場の人々は、さまざまな困難を抱え続けており、今でも国内のみならず国際的な支援を必要としています。

しかし、今回の東日本大震災に対してミャンマーから集まった寄付金の中には、そうした、いつもは我々の事業の裨益者となる人々からのものが少なくありません。実は、当初はミャンマーでも富裕層やビジネスなどをしている人々に対して募金の声をかけたのですが、もちろんそうした方々からも心温まる支援をしていただきましたが、その他に上述したこれまでの私たちの事業の対象となる村人からの寄付金を預るということになり、私たちもそれを受け取るべきなのか、かなり葛藤がありました。

実際に、ミャンマーでの支援状況とは異なる日本の支援の様子など、正直にありのままの日本での様子をこちらでも伝えたところ、それでも、彼らは困った時はお互い様ということでいっこうに気にせず、いつも、日本から支援を受けているから今度は自分たちがと言って、また文化的には寄付をすることは自らの功徳を積むことにもなるという仏教的な価値観もありますが、私たちの活動する地域では仏教徒以外のミャンマー人も多数存在しており、地域、宗教によらず寄付をいただきました。

自分たちが困っている時にも人を助ける、本当の支援とはどういうことなのかと、くれぐれも考えさせられます。



ジン



2011.03
22

新たにBAJのミャンマーブログがたちあがることになりました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ここミャンマーでは情報の規制が多く、インターネットやブログで閲覧できないものが多くあります。私も個人的にブログを続けていたものの、ある時から自分のブログを閲覧、更新できなくなってしまいました。今回からは、ミャンマーにいる駐在員がもちまわりで執筆し、東京事務所のスタッフの協力を得て、ブログを更新していき、皆さんに身近に感じられる、また臨場感・躍動感あるブログを目指したいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

さて、ミャンマーを襲ったサイクロン「ナルギス」から3年がたとうとしていますが、日本では東北関東大震災がおきてしまいました。被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。被災後、多くの元同僚や日頃からおつきあいのある方々から、日本の状況を心配するメールや電話がありました。BAJ東京事務所では、今まで国内支援についての経験はありませんが、緊急募金の開始を決断しました。

http://www.baj-npo.org/2011/03/baj-1.html

ミャンマーでも、被災者の方々への募金と応援メッセージを集めようと思っています。ただ、ここでの寄付行為について、ミャンマー政府にお伺いしなければならないのですが。困った時は、お互い様ですよね。できる範囲で、ここミャンマーでも被災者のみなさんのお力になれたらと思っています。

ミャンマーで見る夕日はどこでも、真っ赤で大きくパワーを感じます。これ以上の被害がないこと、早く被災地・被災者の方々が元気を取り戻すことをここミャンマーから祈っています。


(A)

20110322