RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.09
22
Category : ヤンゴン

9月15~17日まで2日間半にかけてBAJ第二回テクニカルセミナーが行われました。6月から企画して準備してきたセミナーです。初回は、昨年、実施されたのですが、私自身が産休中で、参加できませんでしたから、昨年、参加したスタッフ何人かから聞き取りするところから企画を始めました。初めての試みとして、外部スピーカーを依頼することにしました。結局、縁あって、ミャンマーエンジニア協会(MES)にたどり着き、前代表に2つのセッションを快く引き受けてもらいました。その他にもミャンマーエンジニア協会から3人のオブザーバーを得て、BAJのエンジニア、その他、総勢20人がこの日のためにヤンゴンに集まりました。

テクニカrセミナー1

ミャンマーエンジニア協会の方からの話は、まず組織の説明があり、ご自身が手がけたミャンマー全土にかけたいくつもの大きな架橋プロジェクトのビデオ紹介を拝見することができました。その方自身は、社会主義時代にソビエトに留学し修士号を取得され、JICAの招待で日本での研修も受けていらっしゃいました。いわば、国家プロジェクトを任されていたエリートです。

テクニカルセミナーの中には、BAJスタッフによる現場報告も含まれていて、普通の事業報告というよりは、困難やチャレンジなどネガティブはことに視点を置く報告内容にしてもらいました。技術に強みを持つ日本のNGOと国家インフラ事業をまかされてきた組織とそれぞれの目標は異なっても、技術を基本にお互いいい刺激を与え合えるセミナーになったと思います。MESからは、今後も何か手伝えることがあれば、協力するといっていただきました。

早速、スタッフへ記入してもらったセミナー評価シートをチェックしようと思います。それから、第三回の企画も始めようと思います。


テクニカルセミナー2




(A)

スポンサーサイト