RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.01
21
Category : ヤンゴン

BAJミャンマーでは、新年のメッセージを全事務所約100名に送り、2013年新たなスタートを切りました。メッセージには、BAJがこれまで掲げてきた3つのゴールの中でも、これまであまり力をいれてこられなかった収入向上についてこの3年間で強化していきたいと書きました。これまで、BAJでは住民への技術移転を通した基礎インフラ建設や青年たちへの技術訓練に力を入れてきました。諸外国の制裁がとけ、大型ODA案件が実施されればミャンマーの人たちの環境改善・雇用創出に大きく役立つでしょう。そんな中でも特に辺境に住む人たちが、このミャンマーの変化の恩恵を受けるためには収入向上が一番現実的でハッピーになれる要因だと思います。

そんなことを考えていたところに「ミャンマーの少数民族の生活向上を図る技術講習会 米麹づくり」参加者募集中の案内が舞い込んできました。昨年来、日本では塩麹が盛んにつかわれるようになり、魔法の万能調味料ともいわれているそうですね。

NPO法人「シニアボランティア経験を活かす会」の方が手弁当でミャンマーに何回かいらして少数民族の生活向上を目指して、持続性のある技術移転支援を計画されているそうです。

目指せ収入向上!米麹、塩麹作り①

ご存じの通り、麹作りは、温度設定が肝。ミャンマーで作るには日本と違う環境設定が必要なことはわかりますが、ミャンマーの中でもどこで米麹を作るかで微妙なものがそれぞれ変わってくることは容易に想像ができます。先生は、100円ショップで購入できる材料で保温培養器を製作しご披露してくれました。(最近は、ヤンゴンにもダイソーができましたから似たようなものは購入可能)

米麹づくりには、むしろ粘り気の少ないミャンマーでとれる米のほうが適しているそうです。参加者私たちは米麹作りの課程を体験し、最後は塩麹を使用したおかずのいくつかを試食もさせていただきました。

ミャンマー国内でも山岳少数民族の住む場所には古くから地元で伝わる地酒がありますから麹菌を入手することはできそうです。地元で伝わる伝統にも興味がわきますね。北カレン州では、写真のような麹菌で地酒作りをしているそうです。

目指せ収入向上!米麹、塩麹作り②


早速、実験を重ねて新たな収入向上プロジェクトの可能性を探りたいと思います。


(A)

スポンサーサイト