RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.09
26
Category : 南東国境地域
皆さんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

BAJパアン技術訓練学校も知名度が上がってきたせいか、当校への来訪者や視察者が絶えません。
ヤンゴンに進出している日系企業の方々、ミャンマー政府の要人たち、あとは同じパアンで技術訓練をやっている他のNGOの人たち、などです。
今日はいくつか紹介します。

7月、我々のカウンターパートである国境省の大臣が来校しました。彼は以前、日本に視察に行ったことがあり、親日的で、「日本の援助に感謝している」と、気さくに我々と話してくれました。
IMG_8200resize.jpg

IMG_8208resize.jpg

8月には教育省の御一行が視察に訪れました。
中心は、教育省技術・職業教育局(Department of Technical and Vocational Education)の副局長で、彼は去る8月に東京で行われたJICA主催の「職業訓練に関するスタディーツアー」に参加していました。同時に行われたJICAの国内説明会では、私が日本に一時帰国して本技術訓練学校の活動・成果について報告したのですが、そこでこの副局長と名刺交換し、今回の来校の運びとなりました。

先ごろミャンマー政府が発表した「経済重点施策」の一つに、「職業訓練の充実」という項目があります。ミャンマー政府も技術人材の育成が急務だと考えており、その推進役である教育省の担当者が当校を視察してくれたのは、我々の事業が当分野における成功事例として認知されているからだと考えています。

<訓練生たちへの訓示>
IMG_9463resize.jpg

IMG_9428resize.jpg

同じく8月には、パアン市内で職業訓練事業をやっているNGO、ADRA Myanmarの一行が、スタディツアーとして来校しました。
来校したのはADRA Myanmarスタッフ、インストラクターと、農業機械科および溶接科の訓練生総勢30名ほどです。
彼らは、我々の訓練の様子を見学し、様々な質問をしてきました。私もADRA Myanmarのトレーニングを何度か見学したことがあり、また彼らは職業訓練に関するシンポジウムを定期的に開いており、そこに参加したこともあるのですが、お互いの知見や経験を交換するこのような場は、お互いの事業内容向上にとって有益だと考えています。

ADRA Myanmarの一行が我々の技術訓練を見学
ADRA5.jpg

ADRA8.jpg



ここで話は変わりますが、もうすぐ10月7日に、現在実施している電気科第4期が終了を迎えます。
今回の電気科では、エアコン設置を授業に取り入れました。
ミャンマーでは、オフィスビルや商業施設等の割と大きな建設が目白押しで、そういう場所では、電気工事のみならず、エアコン設置の仕事が増えています。このような需要増に応えるため、今期の電気科でエアコン設置基礎を取り入れ、来期から電気科の訓練期間を延長して、エアコン設置の訓練を本格的に取り入れる予定です。

先日も紹介しましたが、現在NISVA(技能ボランティア海外派遣協会)から派遣され当校で指導されている電気専門家の械塚さんは、エアコン、冷蔵庫などの冷凍空調設備が専門で、彼の指導によって、今回エアコンの授業を立ち上げることができました。

技術というものは、どんどん進化していきます。特に今まで鎖国のような状態だったミャンマーでは、これからどんどん新しい技術が外から流入してくるでしょう。
当校の訓練においても、変化する技術ニーズを見逃すことなく、この国で必要とされる技術を授業に取り入れていきたいと考えています。

DSC01477resize.jpg

DSC01447resize.jpg

電気専門家 械塚さんの指導
DSC01434resize.jpg

DSC01478resize.jpg

本日は以上です。
スポンサーサイト