RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
10

下の写真はいわゆる「ゴム草履」です。

170810_01.jpg

ミャンマーでは外に出るときは、ほとんどの人がゴム草履を履いています。
公式の場でも多くの人がゴム草履です。

170810_02.jpg
 (ある式典での写真。黄色い上着の方はカレン州政府の高官。足元に注目)

私は、3月赴任以来、ずっと日本で愛用していたウォーキングシューズを履いていました。

ところが、雨季の真っ最中の6月のある休日の夕方、知人宅で食事会があり、
その時もいつものシューズを履いておじゃましたのですが、
食事会も終わり、いざ帰ろうと玄関先の自分のシューズを見ると、ぐっしょり濡れています。

ここパアンの雨季は、日本の梅雨の雨の降り方とは大いにちがっていて、
降るときは、まさにバケツをひっくり返したように土砂降りになることがよくあります。

知人宅の玄関入り口には屋根はあるのですが、強い雨が降り込んで、シューズも濡れてしまったものです。

あくる日、そのシューズは何ともいえない臭いを発していたので、
内履きにしていたゴム草履を履いて学校に出勤しました。

一時的な「ゴム草履出勤」のつもりでしたが、いざ日常に履きだすと、
その便利さのためそれ以来ずっと「ゴム草履出勤」を続けています。

たかが「ゴム草履」、されど「ゴム草履」で、いいところが一杯あります。

まず、いつ雨になろうと関係なし、何しろ濡れっぱなしでもいっこうにかまわないのですから。

さらに安全上もいい点があります。
ミャンマー、とりわけパアンの雨季は5月から10月まで続くので、
道路や、玄関エントランスのスロープにはぬめりが発生し、滑りやくなります。

あるときに必要があって革靴を履いているときに、すっかり滑って、完全に転倒してしまいました。幸いケガはしませんでした。

その革靴の底は合成樹脂製で、まだ新しいので突起も残っていたのですが、滑るのを防げませんでした。

こういう点では、ゴム草履はすぐれています。
なにしろ接地面にあわせて自由に変形するので、接地面積がおおきくなり、すべりにくくなるのです。水たまりも平気です。

まだまだ駐在は続きますが、これからも、「ゴム草履出勤」を続けるつもりです。

ここでクイズです。お坊さんは何を履いているでしょうか?
・・・・答えは、下の写真をみればわかるように、裸足!






170810_03.jpg



それではまた次回までさようなら。(横野)
スポンサーサイト