RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.11
19
Category : その他
11月12日 投稿の続き、、、

もうひとつ見学したのは、ミャンマーの老舗NGOのひとつメッター開発財団。
創設者はカチン族の女性で2013年にマグサイサイ賞(マグサイサイ賞 は、フィリピン大統領ラモン・マグサイサイを記念して創設された賞。毎年マニラ市のラモン・マグサイサイ賞財団により、アジア地域で社会貢献などに傑出した功績を果たした個人や団体に対して贈られる。比喩的に「アジアのノーベル賞」とも呼ばれる権威ある賞)を受賞している。メッターとは、ミャンマー語で「親切」という意味。ミャンマー全国で緊急支援から地域開発まで手掛けているキリスト教系財団です。バゴーでユニークなコミュニティセンター運営をしていると聞いて構想から半年以上たってようやく訪問が実現しました。

メイン道路から横道にそれて、しばらく走って間違ったのではと不安になり始めたころに入口にたどり着きました。看板もない地味なコミュニティセンターって、と思ったのもつかのま、緑がおいしげる自然の中にとても素敵な空間が出現しました。

食堂入口


<写真:ジャングルをわけいると開放的な食堂が>

施設のマネジャーはヤンゴン出身で着任から4年目。メッター開発財団では20年以上のキャリアがあり流暢な英語で概要の説明がありました。このコミュニティセンターは、エコライフを推進する教育の場とサービスの提供。敷地内では、近くの廃材所で木材の切れ端を屋根にしたり、煉瓦造りもイギリス統治時代に建てられた建物の廃墟から切り出されたもの使用したりリサイクル、リユースにこだわっていることがわかります。

マネジャーは、アメリカで同様のセンターに1か月間ほど視察&研修に行ってエコライフコンセプトと実践を勉強してきたそう。
現在、このコミュニティセンターでは、国際NGO&ローカルNGOに研修スペースと宿泊施設をリーズナブルな価格で提供している。

マネジャー

<写真:施設のマネジャーからていねいに施設の説明を受けた。>

最初の1年間は、ランニングコストの資金提供があったものの、2015年から一切外部資金は受けていないそう。今では、施設運営に係る経費、施設内で働く20名分の人件費も含めてビジターを受け入れることで稼ぎ出している。毎月平均500人のビジターをコミュニティセンターに受け入れ約7,000ドルの収入があるそう。

研修施設

<写真:40名収容できるマルチホールがふたつある>


宿泊所

<写真:清潔で簡素な宿泊施設 概観>


宿泊施設

<写真:お湯シャワーはありませんが発電機は常備されている>


一切宣伝せずに、この集客数は凄いです。ビジターがセンターの良さをSNSを通して発信、宣伝に繋がっているそうです。

可能な限りエコライフの推進をするため、センター内はプラスチック、エアコン、お湯シャワー、味の素なし。コンセプトは理解していても、カエルやヘビが多くてビジターから苦情受けることもあるそう。

喫茶店

<写真:研修で使った頭はコーヒーショップでリフレッシュできる。>

コーヒーショップでは、コーヒー以外にジンジャーティーやミャンマーティーも楽しめます。
今後は、ソーシャルエンタープライズにも力を入れていく予定だそうです。オーガニックのシャンプー、石鹸、お茶などが販売されています。メッター開発財団は、これまで地方で農村開発など手掛け、安心な食材の生産に力を入れてきています。それら生産物を独自に入手できるルートがあるのも強みで将来の展開にも期待できそうですね。

シャンプーなど

<写真:これから更にパッケージ開発していく>

支援の方法は、色々とありますが大きな助成金に頼らずに持続可能な支援を実現することは容易ではありません。今回、2つの団体の活動を通して、地域や技術をこよなく愛する多くの人たちに出会えました。また、その方たちを通して持続可能な支援とその可能性についてより理解を深めることが出来ました。社会問題に少しでも意識がある消費者と少しの機会が必要な人たちがもっと繋がってよりよい社会の実現に今後もかかわっていきたいと思いを新たにしました。(A)

・メッター開発財団
http://www.metta-myanmar.org/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。