RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
05
Category : 未分類
こんにちは。マウンドー事務所の原です。


このたび、マウンドーの町に存在する車両等の修理工場、それから

スペアパーツ屋さんを訪れる機会を得ました。

マウンドーでは2014年の春くらいから悪路に強いRV車のみならず、

車高の低いセダンや軽トラックなどが出始めました。日本の輸出

中古車市場では相変わらずミャンマー向けは上位を占め、今後これまで

見ることのなかった車両がここマウンドーにも現れ始めることで

しょう。最近の車両は電子制御が多く用いられ、ミャンマーの

修理工場も目に見えない電子制御部品の対応に迫られてくることと

思います。


しかし何よりも、乗用車の絶対数が大幅に増えてきています。


そのような状況の中、確実にマウンドーは変化してきていると、

このたびの訪問で感じました。



まず、最初に訪れたのはアモウという名の車両修理工場。

こちらは、いわゆる板金屋さんで、車体の修理や塗装を主に行って

います。オーナーの名前はタショウさん。昨年、前のオーナーから

同修理工場を譲り受けたそうです。


a.jpg



タショウさんはミャンマー第二の都市マンダレーにて板金の技術

を習ったそうです。月に20台の車両を取り扱っているそうです。

現在、2人の溶接担当を雇い、ご本人は塗装を担当しています。

お値段は、1か月かかる修理には大体150,000MMK(約1万5千円)くらい。

塗装に関しては車体全体で2週間かかります。

車体洗浄は、外側で3000MMK、外側と内側両方で10,000MMKだそうです。


2015年の水祭り後にはヤンゴンからメカニックを呼び寄せ、エンジン修理

などの分野にも業務を広げるそうです。


運び込まれる車には、谷底に落ちた以下のような車も。


b.jpg





次はテーパーという修理屋さん。といっても、僧院の前の広場に請け負った

車を並べ、青空修理工場といった感じです。

こちらは主に中国製のトラックを取り扱っているそうです。この写真のトラック

はこちらでよく見かけるタイプですね。

月に約10台のトラックを扱い、エンジンの分解修理が半分、その他ブレーキや

油圧系統、サスペンションの修理が半分を占めるそうです。


c.jpg




以下の写真が修理屋さんのオーナー。ヤンゴンやシトウェで30年間メカニックの

仕事に就いておられたそうです。ここは、開業して3年目らしいです。

他の従業員はほとんどの方が素人、もしくはメカニックの経験の浅い方だとか。

彼らの給料は2000MMKから5000MMKで、経験に応じています。





次にスペアパーツ屋さんです。

こちらは、古い型のトヨタ車や三菱車のスペアパーツを取り扱っており、BAJ

もよくお世話になるスペアパーツ屋さんです。決まった車種のスペアパーツは

揃っているとのこと。


d.jpg



そしてスペアパーツ屋さんの2件目が、ヌ・ハキケンファミリーというお店。

こちらもBAJがよく訪れるスペアパーツ屋さんです。

こちらで取り扱いがない場合、スペアパーツ番号か写真をヤンゴンに送り

取り寄せてくれるそうです。


e.jpg



以上2件がマウンドーで2本の指に入るスペアパーツ屋さんです。

しかし、最近の電子制御に対応した部品、道具、例えばデジタルサーキット

テスターのようなものは見当たりません。





最後に、マウンドーで最高技術を誇る自動車整備工場です。

New Lightというお店の店主は、年齢は30歳くらいとかなり若いです。

そしてこちらのお店は営業3か月目。マウンドーの車両所有者に乞われて

こちらにヤンゴンから引っ越してきたらしいです。

優秀な人はどこの国でも引っ張りだこですね。

一番右側で屈んでいるのが店主です。



f.jpg



彼は、難易度の高いインジェクションポンプの修理が行えます。

最近の電子制御の車も、診断のためのテスターを人から借りることが

できればできる、とのことでした。彼はヤンゴンで10年間メカニックとして

働き、この貴重な技術を身に着けたと言います。

現在のところ儲かっているとのこと!修理代はスペアパーツ代込で

だいたい50,000MMK ~ 300,000MMKとのこと。ちょっと高めですね。

今回訪れた時は、軍の車両を修理中でした。


ワークショップ内も、整理整頓がなされて、清潔感あふれてました。


g.jpg



マウンドーに車が急速に増える中、その関連事業も幅広く、大きく成長

しているようです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Re: No title

中川さん、ご無沙汰しております。
覚えていただいており光栄です。返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
重ねて申し訳ございませんが、マウンドーはネット環境が日によって悪く、本日はうまく見れない日です。
むしろいい日が少ないくらいで、facebookもうまくつながればアップするという状態です。
なるべく早急に対応するようにします。
ご連絡ありがとうございました。

Re: Re: No title


中川さん、早速確認しました。
先のご指摘の件ですが、私の「マウンドーの車両修理工場、スペアパーツ屋さん」のブログだと
認識しております。2枚目の写真とは、”運び込まれる車には、谷底に落ちた以下のような車も。”
のコメントの後の、前部が故障し埃まみれの黒い車の写真のことでしょうか?
こちらは、これで問題ございませんが。。

もしくは、私の「インタビュー マウンドーでの橋梁建設より」の2枚目の写真のことでしょうか?
確かに料理の話題の後で、彼の後姿を写した写真というのは、全体的に流れていないかもしれませんね。
私のセンスの中ではギリギリ問題ないと判断しました。そしてUアーメッドウラが料理をしている写真を
持っておりません。。ごめんなさい、やはりこれではダメですか?


> 中川さん、ご無沙汰しております。
> 覚えていただいており光栄です。返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
> 重ねて申し訳ございませんが、マウンドーはネット環境が日によって悪く、本日はうまく見れない日です。
> むしろいい日が少ないくらいで、facebookもうまくつながればアップするという状態です。
> なるべく早急に対応するようにします。
> ご連絡ありがとうございました。