RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.07
29
Category : 南東国境地域
みなさんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

ミャンマーは雨季に入り、パアンでも毎日激しい雨が降っています。
そんななか、BAJパアン技術訓練学校では、6月から後期訓練が始まりました。新しい訓練科となる溶接科も、30名の訓練生が、毎日アーク光や火花と格闘しながら、技術習得に励んでいます。

DSC03142resize.jpg

実はこの溶接科の訓練生募集においては、応募者が少なく、訓練生集めに苦労しました。溶接という技術は、建設現場や自動車修理、造船所や金属装飾物作製(ゲートや手すりや格子等)など、とても幅広い領域で使える技術なのですが、こちらでは残念ながら3Kの仕事という認識が少なからずあるようです。いまの30名の訓練生には、そういう意味でも頑張ってほしいです。

さて、話は学校のことからがらりと変わりますが、5月30日、前期の修了証書授与式の翌日、一部のスタッフと卒業生で、慰労とレクリエーションを兼ねて、モン州の観光地に行ってきました。
車とトラックでパアンを出発し、モン州に入ると、モーラミャイン、ムドン、タンビュッザヤなど、太平洋戦争の負の記憶が蘇る場所を通っていきます。
そして到着したのはチャイッカミ。ここには有名な水上寺院、イーレーパゴダがあります。

DSC02334resize.jpg

海に突き出た回廊の先に、寺院本殿があります。ここは、「ミャンマーのモンサンミシェル」と言うにふさわしい。(すみません、言ってるのは私だけです)

その後、サッセという、ミャンマー人に大人気の海水浴場へ。

DSC02359resize.jpg

広々とした砂浜に遠浅の海。そして浜に並ぶレストランやお土産屋。
私のホームビーチ、千葉県太平洋岸の九十九里浜を彷彿とさせる場所です。(注:私は千葉県千葉市出身です)
海の水は、雨季が始まった後だからか、ちょっと茶色く濁っています。
ここが九十九里浜と決定的に違うのは、ここでは泳ぐだけでなく、様々なレクリエーションが楽しめることです。乗馬、バギー、が主なところ。料金は1000チャット程度。

DSC02380resize.jpg

DSC02381resize.jpg

浜に出ると、馬を引いた子供たちが次々と近づいてきて、営業を仕掛けてきます。

DSC02382resize.jpg

ミャンマー人の海水浴で面白いのは、ほとんどの人が服を着たまま海に入る、ということです。ミャンマー人スタッフに聞くと、これが普通、とのこと。水着の習慣はあまりないようです。

DSC02362resize.jpg

遊び方は日本と一緒で、次々とやってくる波にタックルしたり、潜ったり、浮き輪で浮かんだり。
水は温く、海水浴には最高です。

浜辺で生徒たちと一緒にサッカーをやったのですが、裸足だったためか、右足の人差し指を突き指。2か月たった今でも痛いので、おそらく骨までいっちゃってます(悲)。(注:念のため言っておきますが、私は小学校~高校までサッカー部所属)

そうして散々遊んだあと、ヤシの実ジュースで一服。
中の汁を飲み終わった後は、ナタで果実を真っ二つに割ってもらって、空洞の外側にあるゼリー状果肉をスプーンですくい取って食べます。

DSC02392resize.jpg

DSC02390resize.jpg

皆さんも、モン州を訪れる機会があったら、チャイッカミとサッセに足を運んでみてください。
旅行会社の宣伝みたいになりましたが、今回はこれで失礼します。

パアン事務所 吉田
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント