RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.03
28
Category : ラカイン州
皆様、こんにちは!!
マウンドー事務所の今村です。

今日は、期間限定で実施した教育事業を紹介します。
2016年1月から3月まで、BAJは他団体より教育事業を引き継ぎました。
この教育事業の活動は、以下の2つです。
① ECDP(Early Childhood Development Programme): マウンドー市内の3クラスの幼稚園運営
② IDP Schools: ラティドン郡のIDP(国内避難民)コミュニティでの小中学校運営

まずは、ECDP
この活動は、幼稚園の運営です。
2月まで3クラス合計61名の子どもたちへの教育を実施しました。
3クラスは、ラカインの幼児クラス、ムスリムの幼児クラス、そしてムスリムとヒンドゥーの幼児の混合クラスとなっています。
遊びの時間、文字の時間、数字の時間、給食、手洗い、歯磨き等の内容から授業が構成されています。

Picture1.jpg
遊びの時間

Picture2.jpg
文字の勉強

Picture3.jpg
給食

Picture4.jpg
歯磨き


そしてもう一つの活動のIDP Schools
この活動は、5つのIDP(国内避難民)コミュニティでの小中学校運営です。
合計1995名の児童、生徒がBAJが運営する学校で授業を受けています。

Picture5.jpg
IDP学校の様子

このIDPコミュニティには、2012年の暴動の際に元々住んでいた村(同じくラティドン郡内にあります)が焼き討ちされ、
この地へ非難してきた人たちが生活しています。

Picture6.jpg
IDPコミュニティの様子

ミャンマーのアクセスが悪い場所にある学校では、先生が毎日来ないことも珍しくありません。
その点、この学校は給与の支払いやモニタリングをBAJが実施しているため、きちんと毎日授業が行われています。
前団体がしっかり活動していたこともあり、正規の政府運営の学校より教育レベルが高くなっています。

Picture7.jpg
Picture8.jpg
授業に集中する児童・生徒たち

この学校での進級や卒業は、正規の学校で進級・卒業したことと同じ扱いになります。

ミャンマーの学校暦は、例年6月に始まり、翌年3月に終了します。
現在は、学校暦の最後の月で進級のための試験期間中となっています。

今年の3月までは、BAJが事業を引き継ぎ学校の運営が無事学校暦の最後まで終わりましたが、
6月からの新学期はどうなるか未定となっています。
6月からもこの事業を実施できないとなると1995名の児童生徒が全員中途退学となってしまうため、
BAJでは事業継続の働きかけを行っているところです。

以上、ラカイン州マウンドー事務所からでした。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント