RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.04
13
こんにちは。ヤンゴン事務所の塩野目です。
ミャンマーはいま、ティンジャン(Thingyan)と呼ばれる水かけ祭りの真っただ中。
今回はヤンゴンより今年の水祭りの様子をお届けします。

ミャンマーの人々にとって1年で最大のお祭り、水かけ祭り。今年は4月12日からスタートし、新年を迎えるまでの5日間、
皆で大量の水を掛け合います。
これは上座部仏教の新年を祝うお祭りで、1年の汚れを洗い流すという意味があるそうです。
ミャンマーのほかタイ、ラオス、カンボジアでも同様のお祭りが行われます。

ヤンゴン市内では、休暇に入る数週間前から市内の各地にステージが組まれはじめました。
祭り期間中はダンスなどの催しものが行われるほか、水を掛ける人たちのための“お立ち台”として使われます。
このステージにホースを持った人たちが立ち、通行人に向かって水を掛けるのです。

とにかくこの期間中はどこへ行っても水を掛けられます。
ホース、水鉄砲やバケツ、お茶碗のようなものまで使い容赦なく水を掛けてきます。
タクシーに乗れば運転手から掛けられることもあるとか。ちょっと服が湿るなどという程度ではなく、
全身から水が滴り落ちるくらいに掛けられます。外出には覚悟が必要です。

水かけ祭り初体験の私も初日に早速洗礼を浴びました。
携帯などは予め防水ケースに入れていたので無事でしたが、想像以上にびしょびしょに。
普段は謙虚で物静かなイメージのミャンマー人でしたが、この祭り期間中は全く違った一面を見せます。

DSC_0095.jpg
水を浴びたい人はトラックの荷台に乗って街中を走ります。

LINE_1460511867068.png
街中の至るところに設置された水掛けスポット。本当に容赦ないです。

LINE_1460511759857.png
YCDC前に作られたステージ

DSC_0102.jpg
ステージの脇には水掛け用の場所が設けられています。

LINE_1460511852063.png
お巡りさんもびしょびしょです。


水かけ祭りも新年を迎える17日になると終わりを迎え、街は静けさを取り戻すといいます。
あと数日の間、お祭り気分を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント