RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
29
Category : 南東国境地域
みなさんこんにちは。
再びパアン事務所の吉田です。

今日は、当技術訓練学校で技術指導をしている日本人専門家を紹介します。
当校では、ミャンマー人のインストラクターが訓練生に教えています。彼らはその分野で5年、10年の実務経験があるのですが、ミャンマーでそのような長い実務経験があっても、多くは理論が弱く、基礎も知らないことがしばしばあります。
例えばこの国の技術系大学では、教授の力量不足、資機材不足などから、マトモなことが学べないのが実情です。
また、技術の現場では、誰も教えてくれる人がいないので、技術者は自己流で、経験と勘のみで仕事をしている、と言わざるを得ません。

そこで、ミャンマー人インストラクターが正しい技術を教えられるように、当校では日本人の専門家を派遣しています。

まずは自動車整備専門家の金澤さん。
金澤さんは技能ボランティア海外派遣協会(NISVA)の所属で、2015年の3月~2016年3月まで、11か月当校で指導に当たり、この7月に再び戻ってきてくれました。
インストラクターへの技術指導、訓練生の授業での助言・補足説明、カリキュラム作り、試験の方法への助言など、金澤さんのおかげで、当校の自動車整備科は飛躍的に改善しました。インストラクターの技術も大きく向上しました。

<金澤さんの指導の様子>
DSC03057resize2.jpg

DSC03149resize2.jpg

DSC04617resize2.jpg

続いて電気・溶接専門家の械塚(かいづか)さんです。
械塚さんも同じくNISVA所属で、2016年4月より、当校で指導いただいています。
械塚さんはまず、インストラクター、訓練生に、5S意識の徹底をさせました。作業場に5Sや安全に関するポスターを貼りました。
そして、授業では様々なアドバイスをしていただいています。
さらに、械塚さんの専門であるエアコン設置の授業も今回の電気科第4期から取り入れました。
この国ではエアコンの需要が高まっており、正しく設置できる技術者が必要です。
まずインストラクターに対してエアコンに関するトレーニングをしていただきました。

<械塚さんの活動>
全スタッフに対する5Sの説明
DSC09944resize.jpg

5Sの徹底
DSC09883resize2.jpg


エアコンをインストラクターに教える
DSC09578resize2.jpg


DSC09936resize2.jpg

最後に、当団体自動車整備技術担当の久(ひさ)です。
久は電子制御システムのスペシャリストで、自動車整備科のアドバンスコースであるEFIコース(電気制御式噴射装置、Electronic Fuel Injection)を立ち上げました。
電子制御は最近の車では当然のように装備されており、今比較的新らしい車がどんどん流入しているミャンマーでは、今後不可欠の技術です。
カリキュラム・教科書の作成、インストラクターへのトレーニングを行い、今では全インストラクターが、EFIコースで教えられるようになりました。

<久の活動>
インストラクターへのトレーニング
DSC09568resize.jpg

DSC09873resize.jpg

DSC02071resize.jpg

技術訓練学校では、教えるインストラクターの技術力が一番重要です。
インストラクターが、正しく、広範で深い技術を持っていなければ、たとえ基礎的なことを教えるのでも、いい授業はできません。
ミャンマー人インストラクターの技術力、ひいては当校の技術面を支えるのが、上記の技術専門家であり、彼らが当校に果たす役割は、計り知れないものがあります。

パアン事務所 吉田
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント