RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.09
13
Category : ラカイン州
5年で100校の学校校舎建設、という凄い事業の最後の1年が始まりました。
9月の1週目は、24校の学校校舎を建設するマウンドー事務所とシトウェ事務所でキックフミーティングを実施してきました。

ミャンマー全土で言えることですが、
ミャンマーの村にある学校は村人たちが自助努力で建設した学校がほとんどで、
地面は土のままで仕切りがなく、隣のクラスの声や音が丸聞こえだったり、
屋根のトタン屋根には穴があいている雨漏りするというのが普通で、
中には校舎自体が傾いていてとても危険な状態の校舎もあります。
これまで、物・資金・技術が限られたミャンマーの僻地では仕方のない状況とも言えます。

ミャンマーの典型的な学校校舎 例①
20160913_1.jpg


ミャンマーの典型的な学校校舎 例②
20160913_2.jpg



ラカイン州は、ミャンマー全土で貧困度が2番目に高い場所と報告されていて、
バングラディッシュと国境を接した開発から取り残された場所です。
ラカイン州に限らずミャンマーの辺境地は、どこも似たような状態です。
最近は、建設事業ラッシュの兆しが見えてきました。
幹線道路を車で走ると役所、病院、住居、道路など建設現場をよく見かけます。

ようやく始まった建設の仕事ですから、地元コントラクターの技術者、経験値もまだまだ。全体的に質は良くありません。
こちらも、これまでの経緯を考慮すれば当然のことです。
中には、建設中の学校校舎が取り壊し作業中に見える現場に遭遇することも。

扉の木枠いれずに煉瓦積んだ後、扉部分の場所を確保するために削っています。
20160913_3.jpg

内部はこんな状況・・・
20160913_4.jpg

その後、この業者は仕事ホッぽりなげて逃亡したそうです・・・。
ラカインで少し立派な建設をしているのはヤンゴンの業者のようです。

BAJではこのラカイン州で20年以上、地元の方に技術研修の機会を提供しながら技術の底上げを念頭に建設を進めてきました。地元住民で研修受けた人たちが今では親方になっているんです。
オンザジョブトレーニングで技術を学び、その後もセミ熟練労働者として親方の元で仕事を続けた後に独立し、
自分の熟練労働者グループを作っていった者もいます。

BAJの建設する学校には、細かな日本の技術、工夫がところどころにちりばめられています。

技術例① ランマーでの地固め
20160913_5.jpg

きちんとした機材をそろえていれば床を締め固めるコンパクターとか、
ランマー(写真中央のオレンジ色のカバーが付いている機械)が使用されます。

基礎締めがしっかりしていないと上にコンクリート固めてもあとで床がゆがんだりひび割の原因になります。
下の写真は、床を締め固めるのが足りなかった典型的な例

政府の学校。ひび割れが出来ています。
20160913_6.jpg

地元で使用されている道具
20160913_7.jpg

地元で地固めに使用されている道具は、ボトゥー(ラカイン語)と呼びますが、こんなふうに手作りされたもの。
いくら労働者はたくさんいるといってもこれを何回も振り落とし地固めするのは根気のいる作業です。
BAJでは、機械を使用して1教室につき午前中4時間、午後4時間、合計8時間かけて締め固めます。
床は機械を使用したほうがより良い仕上がりになります。

技術例② 水切り
20160913_8.jpg

窓の上にあるひさしの下に筋がはいっているのが、水切りです。
この地域は年間5,000ミリ以上雨が降る豪雨地帯ですから、雨が校舎の中に入って勉強中断ってこともよくあります。
この水切りがついていると雨だれが切れて窓の中に入ってこないし壁面に雨がつたって壁面が劣化することも避けられます。

技術例➂ 面取り
20160913_9.jpg

日本の建設物のほとんどすべてに取り入れられていますが、柱や梁の角を面取りする技。
こどもたちが柱の角に頭などぶつけても怪我は最小限に抑えられます。
面取りしていない柱の角に何かがぶつかった時に欠けることも避けられ強度補強効果にもつながっています。
貧しい村の学校が余計な支出せず永く気持ちよく使ってもらえるよう主要な場所は面取りしています。

今回はこの辺で終わりにします。安全で頑丈な校舎ができると子供たちは勉強に集中できるものです。

20160913_10.jpg

20160913_11.jpg

サイクロンや洪水時に避難する場所がないのがミャンマーの僻地の現状です。
完成した学校校舎は、子どもたちの学びの場所のみならず自然災害時の避難場所にもなります。

予定とおり、あと1年で24校の学校校舎建設が終了できるように、スタッフと一丸になって活動をすすめています。

(A)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント