RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
12
Category : 未分類
先週につづいて、2001年12月にマンダレー地域ニャンウー郡X村に井戸が完成した村の、
今の状況についてのご報告です。

-------

2014年に村の電化のため大きな金額が支出されていました。
村の中にあるパゴダ基金、青年基金、電気基金と合計して200万円相当使って村内電化を実現しました。

しかも、水管理委員会から借り上げた資金は、電気代回収費用で既に返済されています。

<電化>
161201_4_電化


世界銀行の支援があり、全世帯にパイプライン敷設が可能になりました。
世界銀行は、村からも資金提供がないと支援実施にいたらないので、
井戸水売り上積立金があったからこそ支援が実現しました。

現在、村の人たちは、家で蛇口ひねったら水にアクセスできるようなりました。

<蛇口>
161201_5_世帯蛇口


村の人たちは、水汲みにもう時間と労力をかけなくてもよくなったのです。
機会費用は、ますます減少しています。

但し、村の中に十分な仕事があるわけではありませんので、
現金収入向上に直結するというわけではありません。

日雇い労働で稼ぐ以外に、薪や肥料のための牛糞を拾ったり、
牛のエサとなる草を集めたり、食料となる草や実を集めて少しでも家計が楽になるよう働いています。

家計収入増は、家屋の改築、土地や家畜の購入、小規模ビジネス開始のための原資、
子どもの教育費、日用品の購入などに支出されています。

<やぎ集約飼育>
161201_6_ヤギ集約飼育

この間、村の人口や家畜も増えていました。
但し、雄牛の頭数は減っていました。
雄牛は水運搬に使用されますので、その必要性が減ったのが理由と考えられます。

この村は、幹線道路から1キロほど内陸にはいったところに位置するアクセスの良い村、
井戸の水量や水質は良好というのもグッドプラクティスの要因とも考えられます。

また、責任あるリーダーを中心に、井戸を長期間にわたってうまく維持管理してきたことも大きいと思います。

この村は、現在、あと1本の井戸が掘れる分のお金を貯めることに成功しました。
この地域の井戸は20年~30年といわれていますので、
とても速いペースで財務面からみた持続可能を見出したことになります。

この要因について、更に分析を進めて井戸経営がうまくできていない村への助けになればと思っています。

(A)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント