RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.07
25
Category : ラカイン州
ラカイン州の南部へ出張しました。目的は、新しい活動の準備です。今回の出張は、とっても楽しかったです。

理由は、緊張感のあるミッション同行でもなく、学校校舎の出来栄えチェックする厳しいモニタリングでもなく、言いにくいこといわなきゃいけないスタッフ面談もなく、植物博士の村歩きに同行したからです。雨季のこの時期、晴れ間なんて珍しいのですが、この植物博士が村歩き始めると、自然と雨がやんだのには驚きました。神がかってる・・・。


校庭


村人たちに校庭内に植えている植物のこと、誰のアイデアでどんな木を植えたのか水やりは?夏休み中は誰が管理しているのか?、伝統薬に詳しい村人がいるか?今後の活動にヒントになる話を聞きだしながら、村の散策をしました。何か新しい活動を始める時にやる気のある村でやることが鉄則ですが、その見極めが難しいです。いくつかの指標をもうけて、村に何度か通いながら20校の中から5校まで絞りこみました。その5校へ植物博士と学校を訪問して、村歩きした結果、4校を新しい活動の対象村としました。(新しい活動の詳しい内容は、またの機会にご紹介します。)

学校話し合い


ある村では学校の授業が始まるところだったのですが、特別ゲストが来たからということで、先生が子どもたちに植物博士の村あるきに同行するよう指示。私は、村人と子どもたちから、下痢や咳に効く葉を教えてもらいました。もぎたてライムもいただきました。

植物博士


子どもたちは、村にある植物や木の名前をよく知っているんですね。町に住む子とは違いますね。あれこれ、教えてくれましたが、ラカイン名なのでミャンマー名とはちょっと発音が違うんです。みんなで、ラカイン名、ミャンマー名、英名、和名を教え合いながら村歩きは続きます。

グアバ

まだ食べごろではないグアバをとって差し出す女の子たち。顔にはタナカぬっています。

タナカ

村の中にタナカの木を植えている家も。売ったら結構、言い値で売れるはず。

胡椒

椰子の木に絡みつく胡椒

木登り


木が生い茂る中にはいると自然と木登りが始まります。

おじいさんが軒先にしげるタマリンドの葉っぱを収穫中。今日のばんごはんのサラダかスープにいれるんでしょうね。


タマリンド


散策が終了すると、すかさずスタッフがお店で子どもたちへのご褒美の飴を購入。村案内ありがとう。

ご褒美

今年度から政府の小学校1年生の教科書が日本政府の支援で改訂されました。カラフルなイラストがたくさんあって、興味がわきそう。教室にあった理科の教科書見てみると、結構、難しそうな植物の生態を勉強するページを発見。これから、益々、教育の質の向上が求められていくんでしょうね。教科書からだけ学ぶのではなくて生きた教材からもたくさん学んでほしいです。(A)

教科書2




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント