RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.10
27
Category : 未分類

(26日夜に届いた駐在員からのメールより引用)

これは昨日(25日)の早朝5時半に出発し災害現場に救援物資を届けて今日の午前1時に帰って来たBAJマグエチームから聞き取りしたものです。

25日早朝5時半、被災地の一つマグエ郡セイフュウ(タウンシップ)に向けて出発したBAJマグエチームは途中DDA(引用者註:国境問題省開発局。BAJのカウンターパート=協力機関)のCE(チーフエンジニア)とチャウの町で合流し、10時にセイフュウに到着しました。そこからさらに進み、11時過ぎにタウンアユマ村に到着しました。運悪く?この日この村に大統領の視察があり、被災民に個別に救援物資を手渡す事が出来ず(セキュリティー上の理由)、まとめて村の方へ渡す形になったと言う事です。その後川を渡る途中でスタックしてしまったDDAのトラックから救援物資をBAJの車に乗せ変えて村に搬入するなどの手助けや少しはなれたショーカントゥインの村に足を伸ばし被害の状況の情報収集を実行しました。

1217.jpg


この村はその全体が膝下まで来る泥に覆われていました。

85軒の流されてしまった家を含めて全部で275の家々が損害を受けました。1082人が被災者となりました。

0338.jpg


無事に災害から逃れた57軒の家も畑が流されてしまって仕事を失い、確保しておいた食料も避難してきた人々に分けて与えて自分達の食料も底をついていると言う事でした。

仏教の僧院への被害ですが、コンクリートで作られたものは無事でしたが、木造建築の建物は流されてしまったとの事でした。フェンスは1部を残して倒壊しました。

1.jpg


学校の校舎はその半分の屋根と壁が壊され、ほとんどの机、椅子は流失してしまいました。
瞬間的には18フィート(5メーター40センチ)まで水位が上がったそうです。人々は近くの丘、高台に避難していた様です。

(引用おわり)




BAJではミャンマー洪水緊急募金を開始しました。

詳しくは以下をご覧ください。


 http://www.baj-npo.org/2011/10/new-2.html




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント