RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
07
Category : ヤンゴン

この国で仕事をする上で不便なことは、たくさんあります。しかし、最近、色々なことに変化がでてきていることを肌で感じます。そのうちのひとつを今日はご紹介したいと思います。外国へ来たら、しなければならない事に両替がありますよね。この国の通貨はチャットというのですが、他の国のように空港や街中あちこちに両替できる場所がありませんでした。ドルと同じ価値と言われる兌換券の存在、でも実際の両替レートは異なるし、公式レートとあまりにも違う闇レートなどなど複雑な両替システムがあるのです。

そんな中、最近、ダウンタウンに6つの銀行が軒を連ねるテンピュー公式両替センターなるものが出現しました。

両替センター


ドル、FEC、ユーロ、シンガポールドル4種類の本日レートが掲示されています。中でもドルと兌換券が同じレートで両替できることになったのは画期的なことです。センター内は、さながら休日のショッピングセンターといったところでしょうか、人ごみ人ごみ。早速、両替にいったうちのスタッフは、一番行列が少ない銀行に並びましたが、40分待ちでしたとのこと。

両替センター1


また、いまのところ個人・観光者向けに開かれているこのセンターは、手持ちの貨幣がないため、ドル両替の上限は2,000ドルまでとの規制があります。また、兌換券については、上限額規則はないものの、その日分の貨幣がなくなってしまえば、両替は不可になります。国際支援をする機関やビジネス者用に開かれたものではないので、結局、大金を両替しなければならない人たちのためには対応できません。私たちは、今まで通り、個人でやっている両替商に電話し、一番レートの良いところに事務所まで来てもらって両替しています。待ち時間はないし、行き帰りのセキュリティのことを考えれば、こちらのほうが断然よいのですが、レートが公式両替センターより若干悪いのです。

ということで、事務所としての対応はあまり変っておらず、どちらかというと、より煩わしくなった感がありますが、更なるサービス・システムの向上に期待したいと思います。


(A)

ミャンマー洪水緊急募金のお願い
http://www.baj-npo.org/2011/10/new-2.html

「いま必要です!」
http://www.baj-npo.org/Donation/Need/

Facebookでも情報更新中!
「BAJミャンマー洪水緊急募金」



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント