RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
14
Category : 中央乾燥地域

【現地駐在員から届いた報告書より】

9日の緊急救援第5弾そして今回で最後の支援物資配布活動について報告します。

今回予定していた8日の物資配布が物資購入の遅れから、1日ずれて9日の実施となってしまいました。

今回も前回と同じく、前回の支援物資配布の後に行われた調査に基づいて村の選定、物資の選定が行われました。前回調査に入った村はセヒュータウンシップのタパンタウン村、調査の結果は前の報告書かれています。

朝5時に事務所を出たBAJ救援チームはチャウ、セヒューのDDAに寄っての職員の人に今回の支援物資に関する書類を提出し現場の状況を聞きながら11時半には目的のタパンタウンに到着しました。

BAJの前回の調査は11月4日、この時点でこの村に対してWFPが食糧援助をする事は聞いていました。WFPからの食糧支援は11月7日に行われ、トータル813キロのお米が被災者に配られていました。

今回BAJマグエが用意した救援物資は、ご飯が炊ける、カレーも作れる料理用の直径30cm以上の深鍋、ご飯やカレーを鍋から食器に移す大きなスプーン、食器に使える金属の器、包丁、魚の缶詰、インスタントラーメン5個、乾燥春雨、懐中電灯と乾電池、ローソクとライター、石鹸と洗濯用洗剤となりました。
前日に用意された緊急救援のパッケージは被災した世帯数と同じ175。これが1時間半掛けて村の皆さんに配られました。

村では家を流された10家族の為に村人、DDA、兵隊と警察官が一緒になって木と竹を使った一時的に住める新しい家を建てていました。
この村の人々の収入源は玉ねぎ栽培で、これから4ヶ月間は収入の無い生活を強いられるとの事です。今回は村から村の学校に対しての支援のお願いがありました。この学校に通う児童数は92人ですが、その文具を全て洪水に流されてしまったとの事で、ノートブックとボールペンのリクエストが有りました。

物資配布作業が午後1時になって終わり、このタパンタウンの1マイル先にある、これも支援が必要だと考えられるインカン(Inn Kan)村に足を伸ばしました。この村の人口は962人で210世帯、この内の185世帯が被災し100世帯の家が水に流されてしまったと言う事でした。
この村にはその被害の大きさからか方々から支援の手が差し伸べられていました。今の段階ではお米も調理器具も必要無いという事でしたが、冬のシーズンに入り始めた昨今、朝夕の気温が下がってきており、寒さを防ぐ為の毛布が必要になっているとの事でした。
又、この村にある生徒数302人の中学校も被災しており、建物の修理、生徒への文具の支援の他、教室の黒板が必要となっていると言う事も聞きました。
流されてしまった家に付いては、ミャンマー政府の援助で100軒のシェルターが、やはり村人とDDAと兵士と警察官との協力で建てられるとの事です。
WFPは1世帯あたり1バッグ(50キロだと思う)のお米を提供しています。
この村も前記の村同様、玉ねぎ栽培の村でこれから4ヶ月間は収入の道が無いとの事でした。

昨日の物資配布と被災地村の現状調査の作業は比較的スムーズに実施されBAJ緊急救援チームは午後7時前には無事マグエ事務所に帰って来る事が出来ました。

これで今回のBAJマグエ事務所のマグエ管区で起こった鉄砲水災害に対する緊急救援活動は終わりましたが、全体としての災害救援活動が終わった訳ではありません。被災者にとって、これから数ヶ月間、とても厳しい生活に耐えて行かなければならない事は明白で、この事実が変わる事は無いと思います。


ミャンマー洪水緊急募金のお願い
http://www.baj-npo.org/2011/10/new-2.html

「いま必要です!」
http://www.baj-npo.org/Donation/Need/

Facebookでも情報更新中!
「BAJミャンマー洪水緊急募金」




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント