RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.01
17
Category : ラカイン州

BAJの活動するミャンマー・ラカイン州北部地域では、民族・宗教間の相違などから、コミュニティーの中には、潜在的に諍いや差別、疎遠的な態度などが存在し、なかなか住民同士が共生して暮らすということがまだまだ困難です。また、一部民族には中央政府からIDカードの発給や移動許可、婚姻、教育に至るまで、一般の市民としての扱いが認められていません。

国境地域での女性を対象としたトレーニングの終わりに(1)

そのような状況の中、BAJでは国境地域の生計に困難を抱える女性を対象に、識字教育や保健衛生教育(手洗いや伝染病の予防方法の指導など)と併せて裁縫訓練コースを実施し、彼女ら及び家族のエンパワーメントを試みています。しかもトレーニングでは、異なる民族の人々を意図的に一緒にすることで、民族間の共生が少しでも促進されるよう実施しています。

国境地域での女性を対象としたトレーニングの終わりに(2)

今回、その裁縫訓練コースの村での3ヶ月に及ぶトレーニング終了時に、お互いに異なる民族のトレーニング・ファシリテーターと参加した村の女性たちが、別れを悲しみ、お互いに肩を寄せ合い、泣きながらいつまでもいっしょにいる光景を見て、平和構築などといった大仰な言葉でなくとも、事業がBAJの掲げる共生したコミュニティーの創出に少しでも役割を果たしている、という場面に出会いました。


(ジンゾー)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント