RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
15
Category : ヤンゴン

今回は、ヤンゴンのゴミ処理に関する市当局の取り組みについてお伝えします。

以前は、はっきり言って、あまり秩序というのはありませんでした。ヤンゴンには、プライベート・セクターというか、ごみを集め、その中から資源ごみを探し出して業者に売って生計を立てている人(いわゆるクズ屋さんですね)がたくさん居ます。「え、こんなものまで !?」ってものを回収、または買い取ってくれるのはいいんですが、問題はいつ来るかがわからない。

(余談ですが、ヤンゴンでは、ペットボトルはつぶすと買い取って貰えません。そのまま液体容器として再利用するのが主流だからです。)

じゃあ公共のごみ収集は、というと、以前は飲食店の前だろうが、交通量の多い通り沿いだろうが、いたるところお構いなしにゴミ収集場所があり、生ゴミもプラスティックも皆いっしょくたに集めていました。こちらは、収集時間が限られていること(毎日だけど夕方のみ)、いろいろなゴミが混ざっているので周辺の悪臭がひどい、交通渋滞の原因になる、などが問題でした。

そんなおり、2012年4月1日からYCDCのゴミ回収方法が変りました。

まず、収集ポストの統廃合です。いくつかのポストを廃止し、あまり周囲の迷惑にならない場所に統合しました。そして、ゴミの収集ポストが遠くなってしまった家庭向けに、かわりに戸別収集サービスを増やしました。

ヤンゴンでのゴミの収集

これが、ヤンゴンのゴミ収集人です。このように、蛍光オレンジ色の上着を着たゴミ収集人が、大八車を押しながらゴミを集めて回ります。ハンドベルをジャンカ・ジャンカ鳴らすのが合図です。一日に一回は回ってきます。ウチのアパートの管理人さんは、いつもごみ収集人にお茶と休憩場所を提供して、ゴミ収集車をしばらくとどめおいてくれるので、ごみが出しやすくてとてもありがたいです。

また、「指定」ゴミ袋も導入されました。写真は今年3月、各戸に配布されたサンプルです。市当局からのメッセージもついていました。容量5ℓ程の半透明のポリ袋で、青色(生ゴミ用)と緑色(乾いたゴミ用)と1枚ずつあります。近所のお店屋さんで、3枚100チャット(10円程)で手に入ります。なんでも噂では、現ヤンゴン市長は過去に日本大使を務めた経験があるそうで、日本の制度を真似たんだと聞きました(注:日本大使を務めたのは別の人だ、との情報もあり)。

指定ゴミ袋サンプル

こうして少しずつ変わっていくヤンゴンのゴミ行政ですが、今後の課題は、住民の意識の向上でしょうか。ウチのアパートの上の階の住民には、今でも窓からゴミを捨ててる人がいます。また、ゴミ袋が有料だということが、どこまで住民に理解を得られるか。今後日本のように、指定ゴミ袋でなければ回収しない、ということになった時に、不法投棄が増えそうですね。

それでもがんばれ、YCDC!


(九太郎)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント