RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.02
04
Category : ラカイン州
昨年9月から開始したラカイン州学校建設事業(助成:日本財団)では、
ついに、シトウェの2校舎の完成が間近に見えてきました。

学校建設プロジェクトを支える人々①


この学校づくりの舞台裏には、どんな人がいるのでしょうか? 
紙幅の都合上、紹介できるのはほんの少しですが、現場の雰囲気が伝われば幸いです。 

まず、プロジェクトで何よりも重要なのが学校建設対象地の住民です。

なぜBAJがNGOとして学校をつくるのか、どんな学校を目指しているのか・・というビジョンの共有から、「トイレはどこに、どう作るか?」「古い校舎の木材はどう利用するか?」という具体的な課題まで、学校づくりの全過程において村のリーダーや先生たちとの対話を重ねます。 

さらに、全ての建設対象地において、20~30名の村の若者たちをオン・ザ・ジョブ・トレーニング生として建設現場で雇用し、彼らが技術と知識を獲得できるよう支援します。

学校建設プロジェクトを支える人々②


このOJTを指導・監督し日々の建設作業を動かしているのが、現場監督と熟練工たち。
U Min Khin(左)は、過去のBAJプロジェクトにも関わってきた経験豊かな現場監督です。
U Aung Hla Phyu(右)は、BAJが01年~07年に運営したシトウェ技術学校で
講師を務めたベテラン溶接工。
手押し車からクレーンまで、建設に使う機材を何でも作ってしまう腕の持ち主です。
そして中央は、我らがプロジェクトマネージャーの簑田。

学校建設プロジェクトを支える人々③


最後に、私の良き先輩かつ同僚である、BAJシトウェ事務所の面々です。

校舎本体の建設が終盤に近付き、エンジニアのU Lai Nge(左)とU Tun Tun Aung(中央)、アドミニストレ―タ―のU Kyaw Than(右)が、フェンスや校門のデザインについて話しあっているところ。
議論の時はみな真剣な面持ちですが、普段のオフィスではとても賑やかです。
特にU Lai Ngeと U Kyaw Thanの2人からは、よく歌声が聞こえてきます。

学校建設プロジェクトを支える人々④


こちらは、現場に出ることはめったになく、文字通り舞台裏でプロジェクトを支えるスタッフたち。
それぞれ違ったセクションで仕事をしていますが、お昼の時間にみんなが集まっての1枚です。
お昼御飯を囲みながら、やっぱりみんな賑やかです。

左から、プロキュアメント(調達)担当の Daw Khin Nyo Hlain 、
アシスタントアカウンタントのDaw Kin kin win、レセプションのMa Khin です。

学校建設プロジェクトを支える人々⑤


5年間でラカイン州に100校の学校を建てるこのプロジェクトは、まだまだ始まったばかり。
「安全で快適な教育環境をつくる」というゴールへの道のりは長いですが、異なる背景とスキルとアイデアを持った人たちが、いま一歩一歩進んでいます。


(S.Y)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント