RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.10
01
Category : ラカイン州
こんにちは。マウンドー事務所の原です。


去る9月16日、マウンドー事務所では単気筒エンジンと溶接コース(ワークショップ)の

オープニングセレモニーを開催いたしました。

当オープニングセレモニーは同日より約2か月間にわたり、マウンドー付近に在住する若者20名に

単気筒エンジンと、車体の溶接を教えるワークショップのために行われました。郡行政、地方行政、

そして国連機関(国連難民高等弁務官事務所:UNHCR)からも参列を賜り、盛大なものとなりました。


DSC_4130 - コピー




BAJは、UNHCRの車両整備を行うために、1995年より同地で活動を開始しました。

これが、今後のBAJのミャンマーにおける活動の、はじめの一歩でした。

このワークショップも、車両整備士を養成するために、同時期より開始された

ものです。今まで700名以上の卒業生を輩出し、マレーシアではワークショップの

最後に行われる試験合格証書を認めている会社もあるほどです。





このたびのワークショップは、昨年6月に起きた民族間の衝突後、初のワークショップ

となります。BAJマウンドー事務所は、衝突が引き起こした地域一帯の自粛状態により、

一時活動を縮小せざるを得ませんでした。しかし、いつまでも縮小し続けるわけには

いきません。現在は衝突以前までの規模にまで引き上げようとしているところです。



参加者の数は20名。仏教徒であるラカイン族が10名、そしてムスリムを始めとした

その他の民族を10名採用しました。民族のバランスを取ることが、この地で多くの

支持を受けるやり方だからです。応募には70名以上も集まり、1人ひとり面談を

行い決めていきました。


DSC_4114.jpg



当地の失業率は70%を超えると言われています。彼らが当ワークショップに参加し、

多くを学び、そして今後の人生の何らかのきっかけになることを切に祈念しております。



DSC_4145.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント