RSS
Admin
Archives

BAJ★ミャンマーブログ

ミャンマーで活動するNGO駐在員の日記 (ヤンゴン、ラカイン、パアンから)

プロフィール

BAJミャンマー駐在員

Author:BAJミャンマー駐在員

~アジアに架ける橋~
特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)は、技術訓練や収入向上支援、生活環境の基盤整備を通しアジアの困難な状況に置かれた人々の自立を支援しています。

こちらのブログではBAJのミャンマー駐在員が活動を紹介しながら日々の出来事、喜び、驚きを日記にします。

BAJホームページはこちら

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
22
Category : 南東国境地域
みなさんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

BAJパアン技術訓練学校は、3年目の後期訓練を開始しております。
6月20日より、新たに75名の訓練生が入学し、EFI科第3期、自動車整備科第4期、電気科第4期、溶接科第2期の技術訓練を開始しました。

今日は、本校卒業生の就労現場についてご紹介します。
去る5月下旬、2日かけて、パアン近郊で卒業生が働いている現場8か所を回り、彼らの就業状況を確認するとともに、彼らや職場の上司にインタビューをしました。

1日目、まず、パアン市内、3名の電気科卒業生が働く電気工事現場を訪れました。
彼らは今改装中の建物で、スイッチやライトの配線をしていました。
彼らの上司である電気工事コントラクターの話では、「彼らの技術は悪くない。ここの現場でも色々教えているので日々スキルアップしている」とのことでした。
うち2名はすでに6か月以上このコントラクターの元で仕事をしており、1名はエアコンの設置までできるようになっていました。

<パアン市内の電気工事現場で働く電気科卒業生>
DSC09567resize.jpg

DSC09552resize.jpg

次に訪れたのは鉄骨造りの倉庫の建設現場です。ここには溶接科卒業生3名が働いています。
ここの3人は、卒業後、実家に戻らずに、パアンで仕事をすることを選びました。ここで働くのは楽しい、と口をそろえています。
彼らの上司の話。「今鉄骨造りの建設現場が急増している。この現場が終わったら次の建設現場も決まっている。卒業生の彼らは日々技術が上達しており、次の現場くらいからは(自分が不在でも)彼らに仕事を任せられるだろう。」

<パアン市内の建設現場で働く溶接科卒業生>
DSC09975resize.jpg

<卒業生3名(右)と上司2名(左)>
DSC09984resize.jpg

次に、パアン市内を出て、郊外のペカター村に行きました。ここでは、電気科卒業生2名が、村の電気工事の仕事をしています。
村では、「電気管理委員会」のような組織があり、彼らはそこに所属して、送電線の点検・修理や、家の電気工事の仕事をしています。
このように、地元の村で技術を生かして働く卒業生が多いです。彼らにより、ミャンマーの田舎でも技術者がいることで、地域の技術力向上、ひいては経済の活性化が期待されます。

<ペカター村で働く電気科卒業生2名>
DSC09653resize.jpg

2日目は、パアン郊外のタマニャー村に向かいました。ここでは、自動車整備科卒業生1名が、車整備工場で働いています。彼はEFI科第2期卒業生でもあり、ヤンゴンにある日系自動車メーカーの面接を2社受けたのですが、残念ながらいずれも不合格でした。
しかしこの小さな田舎の工場で、彼は楽しそうに仕事をしていました。
「ここには電子制御車用のスキャナもあるし、EFI車の修理もできるので、やりがいがある。BAJの訓練学校で学んだことは毎日仕事で使っている。」

<タマニャー村で働く自動車整備科卒業生>
DSC09706resize.jpg

その後、コーカレイ郡チョンドーに入り、電気店で働く電気科卒業生を訪ねました。彼女は、当校でいままで2名しかいない女性訓練生のうちの一人です。
彼女がもう1年以上働くこの電気店では、時計や携帯電話、テレビ、電球まで電気製品を何でも売っています。また、電気工事の仕事も請け負っているそうで、彼女は、「BAJの訓練学校で学んだことは、いろいろ役に立っている」と話しました。

<チョンドーの電気店で働く電気科卒業生>
DSC09758resize.jpg

まだまだ話は尽きないのですが、そろそろ紙面の都合もありますのでこのあたりで締めたいと思います。

卒業生たちは、各職場で、真面目に働いていました。もちろん、卒業生の中には、途中で仕事を辞めてしまったりする人もいますが、大多数は、BAJの学校で学んだ技術を生かして就業し、自身の収入向上だけのためでなく、地域コミュニティの発展に貢献しています。
そのような現場を見ると、私も嬉しく思うし、これを継続してほしい、と思います。
今後も、我々としては、技術訓練だけでなく、彼らの卒業後の就労支援も合わせて注力していきます。

パアン事務所 吉田
2016.07
06
Category : 南東国境地域
2004年、一旦、タイ・ミャンマー国境が開放される機運が高まり、
BAJはUNHCRのパートナーとして南東国境地域において、給水・衛生事業分野での支援活動を開始しました。

その後、状況は変わり同地域では内戦が継続しました。

2013年には、カレン州・モン州・タニンダリーにあった3つの事務所の機能を縮小し、
モン州に事務所を集約して少数精鋭で活動をすすめてきました。

この12年あまりで406か所の給水施設を建設し、衛生や給水施設の維持管理に関する研修を行い、
この活動全体では18万人以上の人たちの水へのアクセスが改善しましたが、
5月末、ドナーから支援の打ち切りの連絡があり、後ろ髪引かれる思いで6月末をもって事務所を閉鎖しました。

モーラミャイン事務所のスタッフと
01_0706_集合写真



この地域での給水スキームは実に多様で、表層水を使う掘り抜き井戸や帯水層が深い管井戸、
山間の湧水を利用した重力流パイプラインなど、
その地域に一番適した給水スキームを選ぶところに特徴がありました。

雨量は、もともと多い地域ですから水不足のイメージはあまりないですが、
夏の3か月は表層水が枯れて深刻な水不足に陥ります。

掘り抜き井戸
02_0706_掘り抜き井戸_rev


タンク
03_0706_給水タンク_rev


事業地は、どこも僻地で事務所から車で片道5時間かかるところも稀ではありません。
奥地に行けば行くほど、道路は舗装されていませんから雨季が始まれば移動するだけで大変な場所です。
当然ながら、貧しいという経済状況の上、タイへの出稼ぎ人口が多く村にいっても将来を担う若者がいないという社会問題もある場所です。

雨期の車での移動では、ぬかるみにはまることも度々
04_0706_車_re


給水事業に長くかかわってきて感じるのは、
住民が水を本当に欲しているかというところに事業の成功のカギがあるということです。

本当に水不足に直面していた村は、給水施設ができた際には本当に喜び、進んで維持管理を行いうまく運営するものです。
学校や保健センターにも当然、水のニーズがあります。

村での水管理の研修に参加方たちと
05_0706_研修1_rev

お母さんと子どもが水浴びする姿も
06_0706_お母さんと子ども水浴び_rev

パイプラインの蛇口から水を汲んでいます
07_0706_パイプライン水道蛇口


南東国境は、数年前まで内戦もあり治安が良くなかったことなどから、
日本人駐在員をおかずに事業を実施してきた経緯がありました。

現地スタッフは、前面に立ってドナーとの交渉を学び、主張し、
理解を得てより効果の高い活動を実施してきました。課題は、自分たちで話し合い解決に導いていました。


スーチー女史が先月、タイ側の難民キャンプを訪問しました。
少しずつではありますが、帰還に向けて動きがでてきています。
私たちは、撤退を余儀なくされましたが、この地域の給水事業のニーズがなくなったわけではありません。
まだまだ、山奥に僻地に夏の水不足を何とかしなければならない村々があると思います。
私たちのスタッフが今後、別の形で地域の水問題、開発に貢献していってくれることを期待したいと思います。

村での水管理の研修に参加方たちと
08_0706_研修後

最後に、これまで本事業にかかわってくださった全ての方にお礼を申し上げて事務所閉鎖のご挨拶とさせていただきます。
2016.05
31
Category : 南東国境地域
皆さんこんにちは。
BAJパアン事務所の吉田です。

BAJパアン技術訓練学校では、いま建設科第4期と自動車整備科第3期の技術訓練が佳境に入っており、本日は両科とも最終試験を実施しています。
当校では、中間試験と期末試験があり、それぞれの試験は理論の筆記試験と実技試験とからなり、両方で決められた点数以上を取らないと合格とはなりません。

理論の筆記試験(自動車整備科)
DSC09854resize.jpg


建設科では、木工、石工、鉄筋加工の3科目について、それぞれ理論と実技の試験を行います。今回の実技試験は、木工は型枠と窓枠作製、石工はレンガ積み、鉄筋加工は梁・庇用の鉄筋作製です。

建設科実技試験(石工):各自がレンガを積んで、壁・柱の一部を作製します。
DSC09843resize.jpg



自動車整備科の実技試験は、①ジャッキアップ・ダウンとタイヤ・タイロッド等脱着、②ブレーキ脱着・点検、③ヘッドライト・ホーンの電気回路作成、の3科目でした。一人一人がこの3つの作業を行います。一つの作業の制限時間は30分。

自動車整備科の実技試験(ブレーキ脱着・点検)
インストラクターと久技術担当が見守る中、作業を行う訓練生
DSC09899resize.jpg

実技の試験中は、当校のインストラクターが訓練生の作業に目を光らせ、作業プロセスを含めて採点していきます。

初めの頃は試験内容も評価方法もこなれていませんでしたが、日本人専門家の助言も受け、今では訓練生の理解度、実力を正しく評価できる試験となりました。

この最終試験が終わると、来週6月10日、いよいよ上記2科は、修了証書授与式を迎えます。



さて、まったく別の話となりますが、いま開講していない溶接科では、卒業生のオンザジョブ研修(OJT)をしています。
まだ溶接の仕事を見つけられていない卒業生や、もっとスキルアップしたい卒業生を呼んで、当校の作業場で、当校インストラクターの指導でOJTをしています。
より高度な溶接技術の指導と、外部注文を受けて実際の製品の制作をしています。ちなみに、この外部注文受注により得た収入は、卒業生たちの給料、また当校の運営資金となります。

このOJTにより、卒業生たちは相当にスキルアップしました。うち2名はヤンゴンの日系企業への就職を果たしました。その日系企業からは、彼らの溶接技術を評価いただいています。

溶接科卒業生のOJT(1)
DSC06520resize.jpg

溶接科卒業生のOJT(2):とある銀行から受注した伸縮式のゲート
DSC09495resize.jpg

以上、BAJパアン技術訓練学校の近況でした。

BAJパアン事務所 吉田
2016.03
07
Category : 南東国境地域
みなさんこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

前回の久技術担当の投稿とかぶる面はありますが、本日はミャンマーの技術現場における安全意識の希薄さと我々の技術訓練学校での取り組みについてお話しします。

ミャンマーでは建設ラッシュで建設現場はいたるところにあります。ヤンゴンなど大都市の巨大建設現場以外では、建設作業員はヘルメットをかぶっていません。ヘルメットどころか、靴も履かずにサンダル、ロンジーだったりします。

パアンには多くの溶接工場がありますが、そこでは溶接工のほとんどの人が作業服を着ていないし、手袋もしていません。溶接時に溶接面はおろか、保護メガネすらしていないこともあります。それでいて目薬が現場に置かれていたりします。「本末転倒やろっ!」と突っ込みを入れたくなります。(アーク溶接時、強烈な紫外線が発生するため、溶接者は目の保護はもとより、身体の皮膚をすべて覆わなければならない)
当訓練学校では、溶接科の応募者が少ないのですが、それは、「溶接は身体に悪い」という認識が大人にあることが原因の一つだと思っています。そりゃ、何も保護具をつけないで溶接するから身体に悪いわけで、正しく保護すれば問題ありません。何より、溶接技術というのは、幅広い技術分野で適用されている、「飯の食える」技術なのです。それらをミャンマーの人には理解してほしい。

<パアンの溶接工場>
DSC04972resize.jpg


電気でも、ヤンゴンの電信柱を見ると無数の電線が配線され(盗電か?)、鳥の巣のようにこんがらがっているように見えます。(東南アジアでは割と見慣れた風景です)
1本の電信柱から、どんどん電線を引く家や建物が増えたのでしょうが、工事する人はどうやってやっているのでしょうか。電線による感電で、ヤンゴンでは毎年多くが死亡すると聞いたことがあります。また、電気工事の不具合によるショートで火災も多く起こっています。

<ヤンゴンの電信柱>
DSC07801resize.jpg


とにかく「安全」に対する意識が低い。
我々がパアンの技術訓練学校を始めたときも、ミャンマー人の講師たちは、同じような意識でした。
いままで「安全」などほとんど気にしてこなかったのでしょう。

自動車整備科では、日本人専門家の方が、意識改革をしました。
「つなぎと安全靴を着用しない者は、何人たりとも作業場に入ることはできない」というルールを作り、作業時にはかならずつなぎに安全靴着用、と習慣づけました。
そして、車を動かすとき、ジャッキアップするとき等の声掛けを徹底させました。

DSC09172resize.jpg


建設科でも、以前日本人専門家の方が安全に対する意識改革を試み、ようやく最近になって、実習作業時は全訓練生が作業服、安全靴、ヘルメットを着用するようになりました。
たとえ木工の授業であっても、常にヘルメットをかぶります。
「作業するときはこれらをいつでも装着する」
これを条件反射のようにくせ付けしなければ、意識はなかなか変わりません。
たとえば、「今日は暑いから着なくていいや」などと天気によって着用を決めているようではダメなのです。

<ビフォア>
DSC02501resize.jpg

<アフター>
DSC08772resize.jpg


その他、電気科や溶接科でも、まず作業服や保護具の着用を徹底しています。

<溶接科>
DSC04651resize.jpg


確かにミャンマーは暑く、長そで長ズボンや靴は着ていて暑いでしょう。もともとがロンジーにサンダルの国です。
しかし、安全に対する意識を変えないことには、これから開発が進み、技術が導入されていく中で、死亡事故や傷害事故が起き続けることになります。
本校のような学校が、そういう「正しい意識」を教え、卒業生が現場で実践することにより、徐々にそういう意識を持った人が増えるといいと思っています。

民主化にかじを切り、対外開放に踏み切ったミャンマーには、これからどんどん新しい技術が入ってきます。
「安全」に対する意識は、技術の基本です。
本校が先頭に立ってそれを広めていきたいと思います。

パアン事務所 吉田
2016.01
13
Category : 南東国境地域
みなさまこんにちは。
パアン事務所の吉田です。

2015年12月より、本技術訓練学校事業は、3年目に突入しました。
今後とも、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

前回の記事で、11月末の修了証書授与式(つまり卒業式です)のことをお伝えしました。
2015年12月7日、新しい訓練生79名を迎え、カレン州知事代行、また教育訓練局ディレクター等要人を招き、入学式を開催しました。
建設科第4期、自動車整備科第3期、電気科第3期の新入生です。また、自動車整備科第2期訓練生の優秀生徒10名が、引き続きEFIアドバンスコース(電子制御式燃料噴射装置)に進みます。

入学式の後はオリエンテーションです。訓練生とBAJスタッフの全員自己紹介のあと、学校の概要、日課、校則、カリキュラム、試験、修了証書などについての説明を行いました。
さらに、BAJの事業紹介、グループに分かれてのワークショップ、IDカードのための写真撮影等でオリエンテーションは終わりました。
12月9日午後より、各科で授業がスタートし、訓練生が技術取得に励んでいます。

入学式の様子
IMG_4961resize.jpg

IMG_4945resize.jpg

式後、カレン州知事代行が各科作業場を視察
DSC07064resize.jpg

オリエンテーションの様子(グループ議論)
DSC07095resize.jpg


さて、本訓練学校の重要な活動として、技術訓練のほかに、卒業生の就労支援があります。
いままで教育の機会に恵まれなかった若者がこの学校で技術を学び、その技術を使って職を得、収入を得られる。そしてひいてはそれがコミュニティや地域の技術力向上・経済活性化につながる、というところに本事業の目的があります。よって、技術を学んだ訓練生に、その技術を生かせる職に就けるよう、支援しています。
今までに、各技術分野の企業やワークショップ、コントラクターと交渉して、卒業生に就職先を紹介してきました。
2016年11月末時点で、156名の卒業生のうち、122名が職を得られました。
卒業生の多くは地元に戻り、建設現場や、電気工事現場、車整備工場などで働いています。

さらに、ヤンゴンの日系企業とも交渉し、いままでに6名がヤンゴンにある日系の自動車メーカや鉄骨製造メーカに就職しました(インターン含む)。
日系企業に就職することのメリットは、就職後も継続して正しい技術を学ぶことができる、ということです。
例えばミャンマーローカルの車整備工場に勤めると、その工場のメカニックたちは、ほとんどが今まで体系的な技術習得をしておらず、理論がなく経験と勘と自己流のみでやっている、という状態です。(これは、この国の歴史を鑑みれば、誰も教えてくれなかったわけですから仕方ありません)
一方、当校では日本人専門家を招いて、日本式の「正しく、論理的で効率的な」整備方法を教えています。そこで、当校の卒業生がミャンマーローカルの工場に就職すると、工場のメカニックたちとやり方が違うために困惑してしまう、時には職場のメカニックたちと衝突する、という事例が発生しています。
これは課題として認識しながら、我々は学校ですので、あくまでも正しく論理的な技術を教える、ということを貫いていきます。それが日本のNGOであるBAJがこの事業をやる価値だと思うし、そういう技術を学んだ「真っ当な」技術者が、今後この国の将来を背負っていくと考えています。

ヤンゴンの日系企業にインターンとして働いている自動車整備科卒業生(左)
DSC07611resize.jpg


さて、最後になりますが、レクリエーションの話題。
学業ばかりでは訓練生も大変ですので、本校では放課後の時間は訓練生たちはサッカーをしたり、チンロン(※)をしたりと、思い思いに身体を動かしています。
(※)チンロンとは、籐の球を足や頭で落とさないように蹴りあうミャンマーの伝統競技。ネット越しに2チームが対戦するサッカーバレーの形と、5,6人が輪になって、落とさないように皆でリフティングをする形がある。後者ではかかとで蹴ったり後ろ向きで蹴ったりと様々な技を披露するエキシビションの風情があり見ていて面白い

ミャンマーでは1月4日は独立記念日の祝日です。ミャンマーの公立学校では、なぜだか知りませんが、この独立記念日前に、スポーツ大会を開催することが多いです。
我々もスタッフの発案で、12月25日から1週間、朝の授業前と夕方の授業後の時間を使って、各科対抗スポーツ大会を実施しました。種目は、サッカー、バレーボール、チンロンの団体競技と、「竹の棒の上に二人が向かい合って座り、抱き枕のようなクッションで叩き合って、相手を棒から落とした方が勝ち」という面白い競技をやりました。

チンロンの様子
DSC07737resize.jpg

竹の棒の上で相手を叩き合って落とす競技(遊び?)
DSC07780resize.jpg

サッカー、チンロンは当然ですが、バレーボールはこの国で割と人気があるのだなぁと思った次第です。

長文になりましたが今日はこの辺で。

パアン事務所 吉田